[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ゴルフ30歳の苦労人・仲宗根澄香 3位浮上の要因はバイトもした河川敷ゴルフ場

国内女子ゴルフツアーのパナソニックオープンレディース第2日が30日、千葉・浜野GC(6660ヤード、パー72)で行われた。9位から出た仲宗根澄香(Sky)が、4バーディー、1ボギーの69で通算5アンダー。首位に3打差の3位につけた。プロテスト5度目で合格、今季初シード、30歳の苦労人だが、河川敷のゴルフ場で練習を重ねた経験を生かし、強い風に対応。初優勝を視野に入れた。首位は通算8アンダーのテレサ・ルー(太陽生命)。2位には通算6アンダーの西郷真央(島津製作所)がつけている。

パナソニックオープン、18番でバーディーを奪いキャディとグータッチを交わす仲宗根澄香【写真:Getty Images】
パナソニックオープン、18番でバーディーを奪いキャディとグータッチを交わす仲宗根澄香【写真:Getty Images】

国内女子ゴルフツアー、パナソニックオープンレディース第2日

 国内女子ゴルフツアーのパナソニックオープンレディース第2日が30日、千葉・浜野GC(6660ヤード、パー72)で行われた。9位から出た仲宗根澄香(Sky)が、4バーディー、1ボギーの69で通算5アンダー。首位に3打差の3位につけた。プロテスト5度目で合格、今季初シード、30歳の苦労人だが、河川敷のゴルフ場で練習を重ねた経験を生かし、強い風に対応。初優勝を視野に入れた。首位は通算8アンダーのテレサ・ルー(太陽生命)。2位には通算6アンダーの西郷真央(島津製作所)がつけている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 最終18番パー5。残り98ヤード、仲宗根は「ライン出しショット」で、ピン1.5メートルにつけてバーディーを奪った。ラウンドを通して、弾道の高低をつけ、横からの風には球を乗せてプレーした。

「難しい状況でしたが、私は風が好きなので、打ち出しの方向や曲がり幅も計算できました。風が強いとワンショットに集中できます。『風が吹いてくれたら、うれしいな』という感じになります」

 その理由は、プロテスト合格を目指していた修行時代にあった。

「約2年間、河川敷のニッソーCC(茨城県稲敷郡河内町)でアルバイトをしながら、練習をさせてもらったからです。あの経験があるから、私は風に強くなれました」

 プロテストは5度目の受験で合格。ステップ・アップ・ツアーでは4勝しているが、ツアーでの最高位は2020年日本女子オープンの3位。仲宗根は思いを込めて言った。

「早く優勝したい気持ちは大きいです。せっかくこの位置なので、やりきったプレーで、自分に勝ちたいです」

 今大会は地元千葉県での開催で、最終日は「雲のち雨で風やや強く」の予報。仲宗根は観客の応援と風を味方に悲願達成を目指す。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集