[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、頭の小ささが演出したベンチ内の珍事 日米ファン虜「たぶん前が見えてない」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、敵地ホワイトソックス戦に「4番・指名打者」で先発出場。初回の第1打席で11試合ぶりとなる4号ソロを放った。ベンチでは思わぬハプニングが発生。実況席も思わず笑ってしまうシーンがあったが、これをMLB公式ツイッターも紹介し、「ママがこれにメロメロになってる」「頭が小さいからいつもこうなる」などと日米ファンに反響が広がっている。

第1打席で11試合ぶりとなる4号ソロを放った大谷翔平【写真:ロイター】
第1打席で11試合ぶりとなる4号ソロを放った大谷翔平【写真:ロイター】

復活4号で帰ってきたベンチの出来事、MLB公式ツイッターも紹介して話題に

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、敵地ホワイトソックス戦に「4番・指名打者」で先発出場。初回の第1打席で11試合ぶりとなる4号ソロを放った。ベンチでは思わぬハプニングが発生。実況席も思わず笑ってしまうシーンがあったが、これをMLB公式ツイッターも紹介し、「ママがこれにメロメロになってる」「頭が小さいからいつもこうなる」などと日米ファンに反響が広がっている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 日米ファンが思わず目を奪われた。初回2死、右腕ジオリトから豪快な4号ソロを放った大谷。ざわめく敵地でダイヤモンドを一周し、ベンチに帰ってきた時だった。エンゼルスで今季恒例となっているカウボーイハットを被された大谷。しかし、深く被されて目元まで覆われてしまい、前が見えない状態に。それでもお構いなしに進みながら、チームメートと笑顔でハイタッチ。これには実況席も「帽子のツバを上げなきゃ、ハハハ」と思わず声を上げて笑ってしまった。

 このシーンをMLB公式ツイッターは「ショウヘイ、カウボーイ・ハットを楽しむ」と動画付きで紹介。「ママがこれにメロメロになってる。彼女は彼が大好き」「Wowwwwww」「もし、君がMLB最高の選手ならカウボーイハットとをかぶって」「おもしろい。笑」「キュート過ぎて泣く」などの声が上がった。

 一方で、日本のファンからも「たぶん前が見えてない」「めちゃくちゃkawaii」「いや、ほんとにおちゃめやな」「神アングル」という歓喜の声のほか、「頭小さいからいつもこうなるんだ」「カウボーイハットがブカブカ」「大谷くんの頭の小ささを改めて確認できる動画」と大谷の頭の小ささに注目する声が上がっていた。11試合ぶりとなる一発。このシーンがもっと見られることをファンも望んでいる。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集