[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

谷口将隆、2.3kg超過の石澤開に11回TKO勝ち! 強行開催の世界戦、不利な王者がV1成功

ボクシングのWBO世界ミニマム級(47.6キロ以下)タイトルマッチが22日、東京・後楽園ホールで行われ、王者・谷口将隆(ワタナベ)が挑戦者の同級5位・石澤開(M.T)に11回2分29秒TKO勝ちして初防衛に成功した。前日計量で2.3キロの大幅な体重超過を犯した相手を撃破。自身は47.6キロの一発クリアで不利な状況だった。戦績は28歳の谷口が16勝3敗、25歳の石澤が10勝2敗。観衆は1495人。

WBO世界ミニマム級の初防衛に成功し観客の声援に応える谷口将隆、右は敗れた石澤開【写真:浜田洋平】
WBO世界ミニマム級の初防衛に成功し観客の声援に応える谷口将隆、右は敗れた石澤開【写真:浜田洋平】

WBO世界ミニマム級タイトルマッチ

 ボクシングのWBO世界ミニマム級(47.6キロ以下)タイトルマッチが22日、東京・後楽園ホールで行われ、王者・谷口将隆(ワタナベ)が挑戦者の同級5位・石澤開(M.T)に11回2分29秒TKO勝ちして初防衛に成功した。前日計量で2.3キロの大幅な体重超過を犯した相手を撃破。自身は47.6キロの一発クリアで不利な状況だった。戦績は28歳の谷口が16勝3敗、25歳の石澤が10勝2敗。観衆は1495人。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 異例の一戦、両者とも拍手を浴びながら入場した。初回は静かな立ち上がり。サウスポーの谷口がジャブやボディーを当てた。一転、2回は前に出てきた石澤に対し、谷口は冷静にいなす。ボディーやアッパーを入れていった。3回、石澤が振り回した拳がヒット。谷口は連打を浴びたが、持ち直した。しかし、序盤から左ボディーを受け、会場には鈍い音が響いた。

 5回、石澤は攻勢を強めるが、打ち終わりに谷口の左ストレートがまともに当たった。7回にはショートパンチを打つ石澤に対し、谷口はしっかりと距離をつぶす。ペースダウンした挑戦者に主導権を渡さなかった。8回はロープに詰め、強烈な左ボディーから連打。受けの時間でも左右に回って相手をいなした。9回に谷口の右アッパーが入り、顎が跳ね上がった相手はぐらつく。場内から大歓声が上がった。

 10回、攻勢に出た谷口は猛然と前に出た。しかし、谷口が左ストレート。ロープ際でラッシュをかけた。11回も谷口が攻勢。最後は左フックを入れたところでレフェリーが止めた。

 世界初挑戦の石澤は、前日計量で50.1キロ。2時間後の再計量でも49.9キロとパスできなかった。両陣営らが協議した結果、石澤のみが受ける当日計量は午後5時半に実施し、規定体重はミニマム級のリミット47.6キロから3キロを上限とする50.6キロに設定。試合中止の選択肢もあった中、谷口陣営は「興行は流せない」と開催の意向を示し、石澤は当日計量を50.6キロでパスした。

 試合は世界タイトルマッチとして行われ、グラブのハンデはなし。WBOの規定により谷口が勝つか引き分けで防衛、負ければ空位になる決まりだったが、谷口が不利を吹き飛ばす勝利を挙げた。

 石澤は20日午前の練習で脱水により、突如体調を崩した。休息後の夜に練習を再開したが、体重を落とせず。当日計量後は「この度はプロとしてやってはいけないことをやってしまい、深くお詫びいたします。相手、陣営、防衛戦を楽しみにしてくださったたくさんの方々を裏切ってしまいました」と謝罪していた。

 谷口は勝利後のリングインタビューで「石澤選手はこれからに向けて凄い反省したと思う。これからの彼を見ていただきたい。プロボクサーでも誰だって失敗する。失敗からの姿を見てほしい」と挑戦者をかばうコメント。「凄い進歩していると思った。それを想像したら想像通り進化していた」と称賛し、「来てくださった方に本当に感謝したい。初防衛戦で本当に強い石澤選手という日本チャンピオンと戦えたこれからも強い相手とやりたい」と先を見据えた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集