[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

鈴木誠也、出塁率.520の選球眼が作らせた異例の動画 米反響「これはマジで凄すぎる」

米大リーグのカブス・鈴木誠也外野手はすでに4本塁打を放つ一方、14四死球で開幕12試合連続出塁も記録した。持ち前の選球眼に注目したMLBのデータ解析システム「スタットキャスト」担当者は鈴木がボール球をひたすら見送り続ける異例の動画を作成。ファンを喜ばせている。

鈴木誠也の選球眼が注目を集めている【写真:ロイター】
鈴木誠也の選球眼が注目を集めている【写真:ロイター】

スタットキャスト担当者が投稿「セイヤ・スズキが球を全く追わない48秒間」

 米大リーグのカブス・鈴木誠也外野手はすでに4本塁打を放つ一方、14四死球で開幕12試合連続出塁も記録した。持ち前の選球眼に注目したMLBのデータ解析システム「スタットキャスト」担当者は鈴木がボール球をひたすら見送り続ける異例の動画を作成。ファンを喜ばせている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 打たない鈴木にも凄さが凝縮されている。「セイヤ・スズキが球を全く追わない48秒間」。こんな一言を添え、自身のツイッターで異例の動画を公開したのは、MLBのデータ解析システム「スタットキャスト」担当のデビッド・アドラー氏だった。

 作った映像は、鈴木がひたすらボール球を見逃し続けるもの。上下左右の際どいコースはもちろん、ストライクからボールゾーンに動く変化球もしっかりとバットを止めている。こんなことが話題になるのも14四死球(四球13、死球1)を記録し、出塁率.520という選球眼ゆえだろう。

 映像を目の当たりにした米ファンからも「俺なら80%振っている」「これは本当に素晴らしい」「凄い。私なら全てストライクに見える」「俺のレジェンド」「これはマジで凄すぎる……」など驚きの声が上がり、鈴木の評価を高めた様子だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集