[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

圧巻12K大谷翔平、強敵アストロズ打線もお手上げで米衝撃「スライダーヤバすぎ…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、敵地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。投げては6回1安打無失点、自己最多タイ12奪三振の好投を披露し、今季初勝利をあげた。強敵アストロズ打線を封じた投球には「このスライダーやばすぎ」「彼を見られる我々は幸運」などと米国からも驚きの声が上がっている。

アストロズ戦で6回1安打無失点、12奪三振と好投したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
アストロズ戦で6回1安打無失点、12奪三振と好投したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

6回途中までパーフェクト投球、今季初勝利

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、敵地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。投げては6回1安打無失点、自己最多タイ12奪三振の好投を披露し、今季初勝利をあげた。強敵アストロズ打線を封じた投球には「このスライダーやばすぎ」「彼を見られる我々は幸運」などと米国からも驚きの声が上がっている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 一時は完全試合も夢見させた。大谷は初回から奪三振ショーを披露。低めのスプリットで空振り三振を喫したブラントリーは、バットを叩きつけて悔しがった。3回から4回にかけては、6者連続三振を記録。6回1死からカストロに中前打を打たれるまでパーフェクト投球を続けた。圧巻の投球で今季初勝利を手にした。

 完全なボール球でも手が出てしまうスライダー、鋭く落ちるスプリットなどで奪った全12奪三振をまとめた映像を米ポッドキャストメディア「ジョムボーイ・メディア」の番組「トーキン・ベースボール」公式ツイッターが公開。「ショウヘイが自己キャリアハイに並ぶ12奪三振。彼を見られる我々は本当に幸運だ」と文面に記した。

 米ファンにも驚きが広がっており、ツイッター上には「ショウヘイは神話の生き物だよ」「このスライダーヤバすぎでしょ」「彼をプレーオフでプレーさせろ」などとコメントが書き込まれていた。大谷は打っても初回の第2打席で左翼フェンス直撃の2点二塁打、第4打席にはバント安打を記録するなど4打数2安打2打点1四球。投打にわたる大暴れだった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集