[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平に敵将ベイカー監督も脱帽「みんな彼のスライダーの威力に気付いていない」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、敵地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。投げては6回1安打無失点、自己最多タイ12奪三振の好投を披露し、今季初勝利をあげた。6回途中までパーフェクトに封じられたアストロズ監督も「スライダーが凄い仕事をした」「無安打で終わらず良かった」と脱帽している。

今季初勝利を挙げたエンゼルスの大谷翔平、試合後にチームメイトを労った【写真:AP】
今季初勝利を挙げたエンゼルスの大谷翔平、試合後にチームメイトを労った【写真:AP】

6回途中までパーフェクト投球、今季初勝利

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、敵地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。投げては6回1安打無失点、自己最多タイ12奪三振の好投を披露し、今季初勝利をあげた。6回途中までパーフェクトに封じられたアストロズ監督も「スライダーが凄い仕事をした」「無安打で終わらず良かった」と脱帽している。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 強敵アストロズ打線のバットが次々に空を切った。大谷は初回から奪三振ショーを展開。低めに鋭く速く落ちるスプリット、大きく曲がるスライダーなどが面白いように決まり、3回から4回にかけては6者連続奪三振を記録。6回1死からカストロに中前打を打たれるまでパーフェクト投球を続け、今季初勝利を手にした。

 打っても初回にタイムリー二塁打で2打点、6回の第2打席ではバント安打を記録するなど4打数2安打2打点1四球。投打にわたる大暴れには、アストロズの名将ダスティ・ベイカー監督も脱帽していたようだ。

 テキサス州地元局「KRIV」のスポーツディレクター、マーク・バーマン氏は、ツイッターに会見動画を公開。ベイカー監督は「彼は素晴らしい投球をした。スライダーが凄い仕事をしたね。彼が速球とスライダー、スプリットを持っているのは知っているけどね。彼はスライダーをマスターしている。今年初めのほうに言ったように、みんな彼のスライダーの本当の威力に気づいていない。何人の打者がスライダーを振らされたことか」と、特に大谷のスライダーに脅威を感じていた様子だった。

 またバーマン氏は別の投稿で、ベイカー監督が「ノーヒットで終わらなくてよかったよ」と語っていたことも伝えている。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集