[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、12K完全未遂に米記者ざわつく「調べたけど、DH史上初」「全員から奪三振」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、敵地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。投げては6回1安打無失点、自己最多タイ12奪三振の好投を披露した。6回1死に安打を打たれるまでパーフェクト投球を継続。強敵アストロズ相手の好投に、SNS上の米記者もざわついていた。

アストロズ戦で6回1安打無失点、12奪三振と好投したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
アストロズ戦で6回1安打無失点、12奪三振と好投したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

アストロズ戦で自己最多タイ12奪三振の好投

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、敵地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。投げては6回1安打無失点、自己最多タイ12奪三振の好投を披露した。6回1死に安打を打たれるまでパーフェクト投球を継続。強敵アストロズ相手の好投に、SNS上の米記者もざわついていた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 圧巻の一言だ。投手・大谷は初回先頭のペーニャを空振り三振に仕留めると、奪三振ショーを展開。3回から4回にかけては6者連続奪三振と圧巻の投球を披露した。12奪三振を記録して迎えた6回1死、カストロに中前打を打たれて完全試合の夢は断たれたが、6回無失点と素晴らしい投球を披露した。

 一時はパーフェクトもちらついた大谷の投球に、ツイッター上の米記者たちもざわついた。米ニューヨーク州地元紙「ニューヨーク・ポスト」のジョエル・シャーマン記者は「オオタニは5回までにアストロズの打者全員から少なくとも1度は三振を奪った。11奪三振で、あ、そうそう、彼は60球で完全試合を続けている」と記していた。

 MLB公式サイトのアンソニー・カストロビンス記者は「調べたんだけど、ショウヘイ・オオタニは完全試合を達成すればDH史上初」と冗談っぽく紹介。同じくMLB公式サイトのサラ・ラングス記者は「1974年以降、5回までパーフェクトで10奪三振以上を記録したエンゼルス投手:ショウヘイ・オオタニ(今日)、ショウヘイ・オオタニ(18年4月8日)、ノーラン・ライアン、77年6月8日」と、大投手と大谷しか成し遂げていない成績であることを伝えた。

 大谷は6回を投げ終えて降板。チームは6点リードしており、今季初勝利に期待がかかる。なお打っては初回に四球を選び、打者一巡後に2点二塁打。6回の第4打席では意表を突いたセーフティーバントで2安打目を記録している。なお、降板後もDHで出場を継続している。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集