[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、今度はバント安打! 5回完全&11Kに続き米記者驚き「いろいろ起きすぎだ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で出場。投げては5回打者15人をパーフェクト、11奪三振の快投を披露したが、打っても初回に2点二塁打。6回には意表を突いたセーフティーバントを決め、この日2安打目を記録した。米記者からも「いろんな事が起きすぎ」「だまされた」と驚きの反応が上がっている。

アストロズ戦に先発出場しているエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
アストロズ戦に先発出場しているエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で出場。投げては5回打者15人をパーフェクト、11奪三振の快投を披露したが、打っても初回に2点二塁打。6回には意表を突いたセーフティーバントを決め、この日2安打目を記録した。米記者からも「いろんな事が起きすぎ」「だまされた」と驚きの反応が上がっている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 誰も予想できなかった。6回1死の第4打席、初球だった。大谷はマウンド上のハビエルが投じた変化球を、三塁側にセーフティーバント。慌てたハビエルは捕球後にすぐ一塁へ投じたが、送球が逸れた。記録は内野安打。この日は打っても投げても凄さを見せつけていた大谷だが、脚でも相手を混乱させた。

 ツイッター上の米記者たちも驚いた様子。米スポーツメディア「スポーティング・ニュース」のジェイソン・フォスター記者は「オオタニがバント安打。だまされたように感じる」と予想外のバントについて伝えた。米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のアナリスト、ベン・バーランダー氏も「いろんなことが起きすぎている。いっぱいいっぱいだ」と驚いていた。

 また「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏は動画も公開。「そして、オオタニがバント安打。これはショウヘイの世界で、我々はそこに住んでいるだけ」とこの試合を制圧している大谷に称賛を送った。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集