[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

鈴木誠也から「三振を奪う唯一の術」 地元メディアは判定に皮肉「信じられない戦略」

米大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手が17日(日本時間18日)、敵地ロッキーズ戦で今季4号ソロを含む3打数1安打1打点2四球で、6-4の勝利に貢献した。3回の2打席目には際どいストライク判定で三振を奪われたが、米国のカブス専門メディアは「スズキから三振奪う一つの方法」「信じられない戦略」と判定に皮肉を込めて注目していた。

敵地ロッキーズ戦に出場したカブスの鈴木誠也【写真:AP】
敵地ロッキーズ戦に出場したカブスの鈴木誠也【写真:AP】

ロッキーズ戦、本塁打だけでなく三振にまで注目

 米大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手が17日(日本時間18日)、敵地ロッキーズ戦で今季4号ソロを含む3打数1安打1打点2四球で、6-4の勝利に貢献した。3回の2打席目には際どいストライク判定で三振を奪われたが、米国のカブス専門メディアは「スズキから三振奪う一つの方法」「信じられない戦略」と判定に皮肉を込めて注目していた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 選球眼が、思わぬ形で注目を浴びた。4-0で迎えた3回2死一塁の場面。フルカウントから左腕オースティン・ゴンバーが投じた82マイル(約131キロ)の外角スライダーで見逃し三振に倒れた。しかし、カブス専門メディア「ブリーチャー・ネーション」公式ツイッターが公開した投球チャート画像では、最後の投球は長方形のストライクゾーンを外れていた。

 投稿文面では「セイヤ・スズキから三振奪う一つの方法は、特にゾーンに近くない球を投げてストライク判定をもらうこと。信じられない戦略だ」と皮肉たっぷり記していた。際どい判定だっただけに、米ファンからも「酷い判定ね」「ロボット球審も悪くないかも」「彼の目は信じられない(くらい良い)よ」「これが彼から三振を奪う唯一の術だよ」との反応が寄せられた。

 中には「もしストライクならセイヤがそう言うよ」「経験則:セイヤが振らなければ、それはストライクではない」と思わぬ提言をするファンまで現れていた。7回の第4打席では右翼席へ5試合ぶりの4号ソロを放った鈴木。開幕から9試合で打率.400と好調をキープしており、5回の第3打席では申告敬遠を受けるなど、敵軍からの警戒心が高まっている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集