[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、同僚の“幻の逆転弾”で咄嗟に取った仕草に米反響「彼のリアクションやばい」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、本拠地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」のリアル二刀流でスタメン出場。7回裏には同僚選手が逆転弾かと思わせる特大ファウルを放った。ベンチの大谷は“幻の本塁打”に一時は大喜び。その光景に米ファンからは「可愛いオオタニ」「彼のリアクションやばい」などの反響が寄せられている。

開幕戦で4回2/3を1失点9奪三振の力投を見せたエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
開幕戦で4回2/3を1失点9奪三振の力投を見せたエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

レンドンの左翼ポール際への大飛球へのリアクションが話題

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、本拠地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」のリアル二刀流でスタメン出場。7回裏には同僚選手が逆転弾かと思わせる特大ファウルを放った。ベンチの大谷は“幻の本塁打”に一時は大喜び。その光景に米ファンからは「可愛いオオタニ」「彼のリアクションやばい」などの反響が寄せられている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 大谷のメジャー5年目のシーズンが幕を開けた。開幕投手を務めた背番号17は5回途中1失点で降板。今季からの新ルールにより、降板後も指名打者で出場を続けた。1点を追う7回裏。無死一塁で3番のアンソニー・レンドンが左翼ポール際へ大飛球を放った。

 逆転弾だと信じる球場の観衆からは大歓声。ベンチの大谷もその1人だった。両手を上げて感情を爆発させたが、判定はポールすれすれの左を通過するファウル。今度は咄嗟に手を振る仕草を見せ、フェアをアピールした。

 結果的に“幻の本塁打”に終わってしまったが、大舞台すら楽しむ大谷のチームへの想いが伝わるシーン。ベンチ脇から撮影された実際の映像を地元放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」の公式ツイッターが公開した。

 この様子に米ファンからは「可愛いオオタニ」「彼のリアクションやばい」などの反響が寄せられると、日本人ファンからも「楽しそう」「いやー、おしかった」「かわええ」などとコメントが集まった。

 その後も逆転することはできず、エンゼルスは1-3で敗れた。大谷は4回2/3を1失点9奪三振と力投も初黒星。打者としては4打数無安打に終わった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集