[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太VSゴロフキン「奇跡の一戦」成立の苦労 史上最大20億円超の興行ができるまで

ボクシングのWBAスーパー・IBF世界ミドル級(72.5キロ以下)王座統一戦は、9日にさいたまスーパーアリーナで開催される。8日は都内のホテルで前日計量が行われ、WBAスーパー王者・村田諒太(帝拳)、IBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)はともにリミット72.5キロでクリア。新型コロナウイルスの最終検査も陰性となり、日本ボクシング史上最大の興行成立が確実となった。戦績は36歳の村田が16勝(13KO)2敗、この日40歳の誕生日を迎えたゴロフキンが41勝(36KO)1敗1分け。

フェイスオフでにらみ合う村田諒太(右)とゲンナジー・ゴロフキン【写真:荒川祐史】
フェイスオフでにらみ合う村田諒太(右)とゲンナジー・ゴロフキン【写真:荒川祐史】

村田諒太VSゴロフキンが9日ゴング

 ボクシングのWBAスーパー・IBF世界ミドル級(72.5キロ以下)王座統一戦は、9日にさいたまスーパーアリーナで開催される。8日は都内のホテルで前日計量が行われ、WBAスーパー王者・村田諒太(帝拳)、IBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)はともにリミット72.5キロでクリア。新型コロナウイルスの最終検査も陰性となり、日本ボクシング史上最大の興行成立が確実となった。戦績は36歳の村田が16勝(13KO)2敗、この日40歳の誕生日を迎えたゴロフキンが41勝(36KO)1敗1分け。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 最大の懸念事項を乗り越えた。村田、ゴロフキンともに最後のコロナ検査を終え、ともにクリア。もちろん、計量もパスし、リングに上がる資格を得た。報道陣は抗原検査が義務付けられるなど感染対策を徹底。実現に向けて奔走した帝拳ジムの本田明彦会長は「(感染者は)いくら気をつけても出てしまう時は出るんです。最後の検査が終わりました。(興行成立は)奇跡です」と2年間の歩みを振り返った。

 村田が最後に試合をしたのは、2019年12月の初防衛戦。20年上旬からコロナ禍に見舞われ、試合が決まりかけては流れた。その度に多くのビッグネーム、海外プロモーターと交渉を続けてきた同会長。「2年間、本当に大変でした」。他の選手たちは村田と練習時間をずらし、ジムでの練習も一日置きにさせるなど密にならないよう努めた。

 対戦相手の陣営だけではなく、国など関係各所との連携を続けてたどり着いた。総額20億円を超える日本史上最大の興行。最高額22万円のチケットから完売し、3月中旬には「金額的に採算も取れました」と明かした。「ただ、途中からビジネスのことは考えず、試合を成立させることだけを考えてきました」と尽力。ホテルのワンフロアを貸切ったゴロフキン陣営の滞在費は4500万円にもなるなど、手間も費用もかかった。

 昨年末の開催予定からオミクロン株感染拡大の余波で延期された一戦。世界的に人気のあるミドル級は破格の金額が動く階級だ。陣営の苦労を知る村田は、3月3日の再発表会見で感謝の想いを語っていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集