[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ゴルフで異例のラウンド 双子の岩井姉妹が同組に、次女キャディーの父は規定遵守

国内女子ゴルフツアーの富士フイルム・スタジオアリス女子オープン初日が8日、埼玉・石坂GCで行われた。地元・埼玉県出身の双子姉妹・岩井明愛と岩井千怜(ともにHonda)は同組でラウンド。姉の明愛は70の2アンダーで16位につけ、妹の千怜(ちさと)は72のイーブンパーで38位。千怜のキャディーを務めた父の雄士さんは、明愛のピンチに声を掛けらない規定を守りつつ、2人のプレーに目を細めた。

初日を終え、38位とした岩井千怜【写真:Getty Images】
初日を終え、38位とした岩井千怜【写真:Getty Images】

富士フイルム・スタジオアリス女子オープン

 国内女子ゴルフツアーの富士フイルム・スタジオアリス女子オープン初日が8日、埼玉・石坂GCで行われた。地元・埼玉県出身の双子姉妹・岩井明愛と岩井千怜(ともにHonda)は同組でラウンド。姉の明愛は70の2アンダーで16位につけ、妹の千怜(ちさと)は72のイーブンパーで38位。千怜のキャディーを務めた父の雄士さんは、明愛のピンチに声を掛けらない規定を守りつつ、2人のプレーに目を細めた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 プロ転向後、ツアーでは初めての同組。明愛は「楽しかったです」と言い、千怜は「同組で高校の先輩、(菅沼)菜々さんと一緒に回れたのもうれしかったです」と笑顔を見せた。言葉通り、3人とも埼玉栄高出身。しかも、姉妹は会場の石坂GCから車で約30分の距離に自宅があり、地元の声援を受けてのプレーになった。

「有観客だったこともうれしかったです。声援が力になりました」(明愛)

 地元ゆえに、石坂GCは慣れ親しんだコースだが、ツアーのセッティングになると優しくはない。特に明愛は出足で2連続バーディーを奪うも、3番パー4の第2打をバンカーに入れ、それが目玉の状態になった。しかも、幅の狭いグリーンの反対側にもバンカーがあることで、第3打はピン方向を狙わず、右の斜め前へ。第4打も寄せることができず、2パットでダブルボギーにしてしまった。

 それまでの判断、プレーを雄士さんは見守るしかなかった。明愛ではなく、千怜のキャディーを務めていたからだ。プレー中、選手にアドバイスをできるのはパートナーであるキャディーだけ。そのルールを遵守した雄士さんは、明愛が好ショットを放った時だけ、「ナイス」と声を掛けていた。

 ホールアウト後、雄士さんは明愛を担当したハウスキャディーの女性に苦笑いで言った。

「もう、ああいう時は『ビビるな。ピンを狙え』と言ってやってください」

 もっとも、明愛は冷静で「父が千怜のキャディーをやっていても、全く気にはなりませんでした。3番の判断はあれで仕方ないです」。今季ツアーで2度目の父子タッグとなった千怜は、「今日も水をくれるタイミングは良かったですね」と明るく振り返った。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集