[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平はまさに超人! 179キロの打球を飛ばし、8秒07で二塁到達、126mの一発を放つ

大谷翔平はまさに超人! 179キロの打球を飛ばし、8秒07で二塁到達、126mの一発を放つ

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手が10日(日本時間11日)の本拠地ツインズ戦に「5番・DH」で先発出場。特大の5号ソロアーチを含む、4打数2安打2打点の活躍でチームの7-4勝利に貢献した。マルチ安打は今季7度目で、スタメン出場では3試合連続の安打。打率を.354まで上昇させた。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

打って良し、走って良し、大谷が7度目マルチでチームの快勝に貢献

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手が10日(日本時間11日)の本拠地ツインズ戦に「5番・DH」で先発出場。特大の5号ソロアーチを含む、4打数2安打2打点の活躍でチームの7-4勝利に貢献した。マルチ安打は今季7度目で、スタメン出場では3試合連続の安打。打率を.354まで上昇させた。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 背番号17が躍動した。まずは3点リードの3回の第2打席だ。2死二塁、カウント1-1からの3球目、ホセ・ベリオスの外寄りの85マイル(約137キロ)のチェンジアップを右中間へ運ぶと、大谷は一塁ベースを蹴って一気に二塁へ向かう。

 守備に定評のあるツインズの右翼手・ケプラーも右中間を破られる前に、ボールを処理し、すぐに二塁へ送球したが、大谷は悠々と二塁ベースに到達。チームに4点目をもたらした。

 7回の第4打席では、今度はサイド右腕のヒルデンバーガーの初球、91マイル(約146キロ)の外寄りのシンカーを完璧に捉えた。大きく、そして高く、エンゼルスタジアムの夜空に舞い上がった打球は、中堅やや左のスタンドを楽に超えた。

 スピード&パワーを見せつけた大谷。MLBのデータデータ解析システム「スタットキャスト」でも、そのすごさが数値化されていた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー