[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子「お菓子を食べる量減ってない」 海外メディアの爆笑を呼んだ会見に反響

米女子ゴルフのメジャー初戦、シェブロン選手権(米カリフォルニア州ランチョミラージュ、ミッションヒルズCC、6884ヤード、パー72)第2日は1日(日本時間2日)、10位から出た渋野日向子(サントリー)が7バーディー、1ボギーの66で回り、単独首位に立った。渋野は試合後の海外メディア向けのインタビューに応じ、“らしい”回答で現地記者を笑わせた。

シェブロン選手権、単独首位に立った渋野日向子【写真:AP】
シェブロン選手権、単独首位に立った渋野日向子【写真:AP】

海外メジャー初戦で首位浮上、試合後の海外メディア向けインタビューで爆笑引き出す

 米女子ゴルフのメジャー初戦、シェブロン選手権(米カリフォルニア州ランチョミラージュ、ミッションヒルズCC、6884ヤード、パー72)第2日は1日(日本時間2日)、10位から出た渋野日向子(サントリー)が7バーディー、1ボギーの66で回り、単独首位に立った。渋野は試合後の海外メディア向けのインタビューに応じ、“らしい”回答で現地記者を笑わせた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 7バーディーの猛チャージを見せ、首位に立ったスマイリングシンデレラ。試合後のインタビューでは爆笑を引き寄せた。「練習を今まで通りしっかりやりたい。あとはご飯を食べて、しっかり寝たいです」と週末を見据ると「何を食べたい?」と聞かれた渋野。「日本食!」と即答し、「何が好きなの?」との問いには「サーモン!」と満面の笑みで答えた。質問した女性記者も「サーモン? Me too」と“意気投合”し、笑いが生まれた。

 2020年に本大会に初出場し、51位だった渋野。当時のことを問われると「ここでは戦えないと思った」と自虐たっぷりに答えたが、「その時よりは成長した」とも言い切った。「19年の全英女子オープンに勝利したときと人として変わったことはあるか?」と聞かれると、「ゴルフは変わったかもしれないけど、人は変わってないし、お菓子も食べる量も減ってないかな」と笑顔で回答。しっかりつけたオチに、女性記者は「Ahaha」と爆笑した。

 このインタビューはスペインゴルフメディア「ten golf」公式YouTubeでも公開しており、“らしさ”全開の渋野に海外からは「美しいスマイル」「可愛い女の子」などとコメントが集まった。日本人からも「最後まで笑顔のインタビューが見られると良いなあ!」「渋野スマイル満開でユーモアのセンスも抜群だ」などと反響が寄せられている。

 海外でも一つ一つの発言に注目が集まる23歳。自身海外メジャー2勝目へ、この笑顔は調子の良さの裏返しかもしれない。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集