[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦、4月1日に刻まれた奇跡の夜の記憶 欧州識者「フィギュアは競技史上最高点に」

フィギュアスケートで五輪連覇を達成している羽生結弦(ANA)。4月1日はそのキャリアにおいても特別な日だった。欧州衛星放送「ユーロスポーツ」でアナリストを務めるイタリアのマッシミリアーノ・アンベーシ氏が5年前の“ヘルシンキの奇跡”を想い、ツイートした。

2017年の世界選手権で大逆転優勝を飾った羽生結弦【写真:Getty Images】
2017年の世界選手権で大逆転優勝を飾った羽生結弦【写真:Getty Images】

2017年世界選手権から5年、アンベーシ氏が回顧ツイート

 フィギュアスケートで五輪連覇を達成している羽生結弦(ANA)。4月1日はそのキャリアにおいても特別な日だった。欧州衛星放送「ユーロスポーツ」でアナリストを務めるイタリアのマッシミリアーノ・アンベーシ氏が5年前の“ヘルシンキの奇跡”を想い、ツイートした。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

「ちょうど5年前の2017年4月1日、フィギュアスケートは競技の歴史における最高点に達した」

 このように記したアンベーシ氏。「2017年4月1日」とは、この年の世界選手権(フィンランド・ヘルシンキ)男子フリーが行われた日。ショートプログラム(SP)5位と出遅れた羽生だったが、4回転サルコー―3回転トウループを決めるなど、すべてのジャンプを成功。自身が持つフリー歴代最高得点を更新する223.20点で合計321.59点に。史上初めて5位から逆転優勝を飾った“ヘルシンキの奇跡”は、今なおファンの語り草になっている。

 ちょうど5年が経ち、ツイートしたアンベーシ氏は、羽生が雄たけびを上げるキスアンドクライなど、ファンにとっては懐かしい思い出写真を4枚掲載。「ハートウォールアリーナのリンクの上で、技術的に無限の力と芸術的な卓越が融合したパフォーマンスが完成した」と改めて称賛。一方で「残念ながらそれ以降、フィギュアスケートはネガティブな方向へと変わってしまった」との嘆きも記した。

 投稿で想いを共有したファンからは「あの『ホープ&レガシー』は、歴代最高のプログラムだと思う!」「ユヅはフィギュア界のオーロラ!」「ユヅの功績は歴史を刻んだ。それは変わらないし、消えることもない!」「あの日、私たちは歴史的なものを目にした」「ホープ&レガシー! 何度見ても深く心を揺さぶられる」「どうもありがとう! 『ホープ&レガシー』は、私たちに素晴らしい思い出を残してくれた!」との声が寄せられた。

 一方で、アンベーシ氏の嘆きに「本当にその通りだし、この上なく悲しい。いつもそれを伝えてくれてありがとう」と同調の声も。しかし、いずれにせよ羽生が世界最高のスケーターの一人であることは変わらない。4月1日にあの日の記憶を多くのファンも思い返していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集