[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平、曲がりすぎるスライダーの奪三振劇に米驚愕 「反則的、ノーチャンスだ」

大谷翔平、曲がりすぎるスライダーの奪三振劇に米驚愕 「反則的、ノーチャンスだ」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、敵地でのマリナーズ戦に中11日で先発。7回途中を6安打2失点6奪三振と好投し、3勝目(1敗)を手にした。8-2で快勝したチームに貢献した。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

12日ぶりの先発登板でスライダーを駆使して6奪三振de3勝目を挙げた

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、敵地でのマリナーズ戦に中11日で先発。7回途中を6安打2失点6奪三振と好投し、3勝目(1敗)を手にした。8-2で快勝したチームに貢献した。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 過去の登板では160キロを超える直球、そして鋭く沈むスプリットが注目を集めていたが、この日クローズアップされたのはスライダーだ。MLB公式ツイッターがこの日の6つの三振を公開。ファンからは驚愕の声が上がっている。

 左足首の不安を全く感じさせなかった。背番号17が躍動した。初回1死、まずはセグラを、フルカウントからの外角に鋭く曲がる、82マイル(約132キロ)のスライダーでバットに空を切らせた。見逃せば完全なボール球だが、セグラのバットは止まらなかった。

 続いては2回無死、4番クルーズは2ストライクと追い込んでから88マイル(約142キロ)のスプリットで空振り三振。1死一塁でもハニガーを鋭く沈むスプリットでスイングアウトに仕留めた。

 3回。先頭のギャメルは、ストライクゾーンから鋭く曲がり落ちるスライダーで空振り三振。4回2死一塁では再びハニガーを、今度は外角ボールゾーンへのスライダーを振らせた。

 そして5回1死ではズニーノ、急激に変化するスライダーを外角の低めに決めてスイングアウト。この日6つ目の三振を奪った。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー