[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 村田諒太、ゴロフキン戦の実現は? 米メディア「12月には対戦することになるだろう」

村田諒太、ゴロフキン戦の実現は? 米メディア「12月には対戦することになるだろう」

ミドル級3団体統一王者のゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)が5日(日本時間6日)に米カリフォルニア州で行われたWBCスーパーウエルター級1位バネス・マーティロスヤン(米国)とのタイトルマッチで2回1分53秒でKO勝ち。圧倒的な強さで史上最多タイの20度目の防衛に成功した。米メディアではゴロフキンの次の次の相手に、WBAミドル級世界王者の村田諒太(帝拳)の名前を挙げている。

村田諒太、ゲンナジー・ゴロフキン【写真:Getty Images】
村田諒太、ゲンナジー・ゴロフキン【写真:Getty Images】

20度目防衛成功のゴロフキン、米メディアは9月にアルバレスとの再戦を有力視

 ミドル級3団体統一王者のゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)が5日(日本時間6日)に米カリフォルニア州で行われたWBCスーパーウエルター級1位バネス・マーティロスヤン(米国)とのタイトルマッチで2回1分53秒でKO勝ち。圧倒的な強さで史上最多タイの20度目の防衛に成功した。米メディアではゴロフキンの次の次の相手に、WBAミドル級世界王者の村田諒太(帝拳)の名前を挙げている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 マーティロスヤンを怒涛のラッシュでマットに沈めたゴロフキン。“死刑執行人”の異名で知られた元4団体ミドル級王者、バーナード・ホプキンス(米国)の最多防衛記録「20」に並んだ。

 米ボクシング専門メディア「ボクシングニュース24」は、36歳の次なる標的に焦点を当てている。

「ゴロフキンは今、9月にサウル“カネロ”アルバレス戦で記録を打ち立てるかもしれない。何れにしても、彼のIBFとIBO、WBA、WBCミドル級のタイトルを防衛するために、この夏にリングに上がるのだ」

 記事ではこう報じている。昨年9月にラスベガスで対決し、ドローに終わった元2階級王者アルバレス(メキシコ)と再戦予定だったが、アルバレスがドーピング違反で資格停止処分を言い渡され、試合中止になっていた。資格停止処分の解けた9月、因縁の再戦が行われる可能性が高いという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー