[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ボルダリングW杯で快挙 野口啓代が2015年以来、3季ぶりの優勝で通算19勝目

ボルダリングW杯で快挙 野口啓代が2015年以来、3季ぶりの優勝で通算19勝目

2020年東京五輪の正式種目となったスポーツクライミングのW杯が6日、中国・重慶で行われ、ボルダリングで女子の野口啓代(TEAM au)が2015年6月以来3季ぶりの優勝を果たした。野口は競技の第一人者の28歳で、W杯での優勝は実に19度目となった。野中生萌(TEAM au)が2位。両者ともに3戦連続での表彰台となった。

女子では野口啓代が3季ぶりの優勝【写真提供=JMSCA】
女子では野口啓代が3季ぶりの優勝【写真提供=JMSCA】

野口が3季ぶり19度目の優勝、男子は藤井が制しアベックV飾る

 2020年東京五輪の正式種目となったスポーツクライミングのW杯が6日、中国・重慶で行われ、ボルダリングで女子の野口啓代(TEAM au)が2015年6月以来3季ぶりの優勝を果たした。野口は競技の第一人者の28歳で、W杯での優勝は実に19度目となった。野中生萌(TEAM au)が2位。両者ともに3戦連続での表彰台となった。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

男子では藤井快が優勝【写真提供=JMSCA】
男子では藤井快が優勝【写真提供=JMSCA】

 男子では唯一決勝に進んだ藤井快(同)が優勝。昨季4月以来の通算4勝目で、男女アベック優勝となった。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー