[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

タイソンが「耳型の大麻グミ」を販売 伝説“噛みつき事件”を再現「実際ウマいぞ!」

ボクシングの元世界ヘビー級3団体統一王者マイク・タイソン氏(米国)が、耳を疑うような商品を発表した。自身のブランドから「耳型グミ」を販売。「実際ウマいぞ!」と紹介し、米メディアも「相手の耳を噛んで失格になった25年後に発売」などと報じている。

マイク・タイソン氏【写真:Getty Images】
マイク・タイソン氏【写真:Getty Images】

タイソンのブランドから発売

 ボクシングの元世界ヘビー級3団体統一王者マイク・タイソン氏(米国)が、耳を疑うような商品を発表した。自身のブランドから「耳型グミ」を販売。「実際ウマいぞ!」と紹介し、米メディアも「相手の耳を噛んで失格になった25年後に発売」などと報じている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 タイソンは自身の大麻ブランド「タイソン2.0」から耳の形をした大麻グミ「マイク・バイツ」の販売を発表。ワインレッドに着色され、耳の上部が欠けている。イベンダー・ホリフィールド戦で起こした、悪名高い“耳噛み事件”を彷彿させるデザインだ。

 タイソンはインスタグラムにグミの画像を公開した。米放送局「NBCニュース」は「マイク・タイソンの大麻ブランドが耳型の大麻グミを作る」と題して記事を掲載。「相手の耳を噛んで失格になった約25年後、タイソンの大麻ブランドが耳型の大麻グミを発表した」と伝えた。

 タイソンは、1997年6月のWBA世界ヘビー級タイトルマッチでホリフィールドと対戦。3回に相手の耳を噛みちぎり、失格となった。記事では、伝説の悪質行為を逆手に取った商品について「マイク・バイツの耳には噛まれた痕がある。タイソンがホリフィールドの軟骨の一部を噛み切ったのと全く同じ場所だ」と説明した。商品はカリフォルニア州、マサチューセッツ州、ネバダ州で販売されるという。

 タイソンも自身のツイッターで「これらの耳は実際にウマいぞ!」と宣伝した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集