[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロシア&ベラルーシ選手、女子テニス界は出場容認を継続「政治の影響で禁止にしない」

女子プロテニスの統括団体「WTA」のスティーブ・サイモンCEOが、ロシアとベラルーシ出身選手の大会出場を認める方針を示した。ウクライナ侵攻により、スポーツ界では両国のアスリートを除外する動きがある中、「指導者の政治的な立場の影響で、アスリートを絶対に参加禁止にはしない」と説明。英公共放送「BBC」が報じている。

女子テニスCEOがロシアとベラルーシ出身選手の大会出場についてコメント(写真はイメージ)【写真:Getty Images】
女子テニスCEOがロシアとベラルーシ出身選手の大会出場についてコメント(写真はイメージ)【写真:Getty Images】

WTAのサイモンCEOが説明

 女子プロテニスの統括団体「WTA」のスティーブ・サイモンCEOが、ロシアとベラルーシ出身選手の大会出場を認める方針を示した。ウクライナ侵攻により、スポーツ界では両国のアスリートを除外する動きがある中、「指導者の政治的な立場の影響で、アスリートを絶対に参加禁止にはしない」と説明。英公共放送「BBC」が報じている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 テニス界ではロシアとベラルーシでの大会を無期限で中止としている。一方、両国のアスリート個人としての大会出場は認められていた。

 記事では、2015年からWTAの最高責任者を務めているサイモンCEOの言葉を紹介。「未来がどうなるかは誰にもわからない。しかし、その国の指導者が選んだ政治的な立場の結果、アスリートが我々のツアーに参加を禁止されることは絶対にないと言える。それを変更するにはかなり重要なことが必要となるが、この先についてはわからない」と語ったという。

 一方、BBCは他競技の動向を紹介。「陸上、バドミントン、カヌー、ボートなどの競技はロシアとベラルーシの個人アスリートの国際大会への参加を禁止しており、現在これ(WTAのロシア勢容認姿勢)に従う考えはない」とつづっている。

 だが、WTAもツアー開催国の方針には従わざるを得ないという。サイモン氏は「我々が立場を変えざるを得ないとすれば、政府のルールを遵守する際になるだろう」と説明。「間違いなく恐ろしい批判に値する行動に出ている指導者の決定で、個人のアスリートが罰せられるべきではないと、私は強く思う」と主張したという。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集