[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「大谷がやってきてイチローが去る」 “英雄の運命”に米脚光「何かしらの意味ある」

「大谷がやってきてイチローが去る」 “英雄の運命”に米脚光「何かしらの意味ある」

米大リーグで二刀流で活躍し、話題を席巻しているエンゼルス・大谷翔平投手。23歳の新たな日本人スターが誕生した年に、マリナーズのイチロー外野手が球団特別補佐に就任し、今季残り試合に出場しないことが決まり、44歳のレジェンドのキャリアが大きな転換点を迎えた。図らずもタイミングが重なった2人の“運命”について、米メディアは「何かしらの意味があるかのように思えてならない」とスポットライトを当てている。

イチロー、大谷翔平【写真:Getty Images】
イチロー、大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷1年目に訪れたイチロー18年目の転換点、米メディア「そして、イチローが去る」

 米大リーグで二刀流で活躍し、話題を席巻しているエンゼルス・大谷翔平投手。23歳の新たな日本人スターが誕生した年に、マリナーズのイチロー外野手が球団特別補佐に就任し、今季残り試合に出場しないことが決まり、44歳のレジェンドのキャリアが大きな転換点を迎えた。図らずもタイミングが重なった2人の“運命”について、米メディアは「何かしらの意味があるかのように思えてならない」とスポットライトを当てている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

「次なる日本のセンセーション、ショウヘイ・オオタニがやってきた。そして、イチローが去る」

 こう見出しを打って特集したのは、米ヤフースポーツだった。マリナーズは3日(日本時間4日)にイチローが球団特別補佐に就任し、今季残り試合に出場しないことを発表。今後はチームに帯同し、練習しながら若手への助言などで支えていくことになる。

 記事では「多くの領域に到達してきた彼も、44歳になった。そして、シアトルに短時間ながらも痺れる帰還を果たした。彼は、もしかしたら一時的なことなのかもしれないが、戦場から去る」と今回のニュースを紹介している。

 図らずもメジャー18年目で迎えた大きな転換点は、イチローが切り開いた道を一人の若武者が歩み始めた年と重なった。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー