[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ボクシング世界戦で衝撃の場外KO発生、相手は失神 米記者騒然「こんな決着見た事ない」

ボクシングのWBA世界フェザー級タイトルマッチが12日(日本時間13日)、英ノッティンガムで行われ、リー・ウッド(英国)が指名挑戦者のマイケル・コンラン(アイルランド)を12回途中TKOで破り、初防衛に成功した。最後はロープ際に追い込んだ相手が失神し、場外に消える衝撃の幕切れ。米記者も「何万回もボクシングの試合を観てきたが、こんな終わり方は見たことない」と驚いている。

WBA世界フェザー級タイトルマッチで初防衛に成功したリー・ウッド【写真:AP】
WBA世界フェザー級タイトルマッチで初防衛に成功したリー・ウッド【写真:AP】

WBA世界フェザー級タイトルマッチでウッドが驚きのKO

 ボクシングのWBA世界フェザー級タイトルマッチが12日(日本時間13日)、英ノッティンガムで行われ、リー・ウッド(英国)が指名挑戦者のマイケル・コンラン(アイルランド)を12回途中TKOで破り、初防衛に成功した。最後はロープ際に追い込んだ相手が失神し、場外に消える衝撃の幕切れ。米記者も「何万回もボクシングの試合を観てきたが、こんな終わり方は見たことない」と驚いている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 衝撃の決着だった。フルラウンドまでもつれ込んだ死闘。12回残り1分50秒を切った場面だった。ロープ際に追い込んだウッドの右がコンランの顔面を捉えた。コンランは意識が遠のいたのか、力なく頭を下げた。ウッドはダメ押しのラッシュ。すると、コンランは全身の力が抜けたかのように背中から倒れ、ロープの間をすり抜けて場外に消えた。レフェリーが試合を即止めて試合終了。とてつもない幕切れだった。

 やや劣勢だったウッドにすれば、驚異の逆転勝ち。ツイッター上では、衝撃の決着シーンが拡散され、本場・米国の記者たちも驚きを隠せない。米スポーツ専門局「ESPN」のダン・ラファエル記者は「私は何万回もボクシングの試合を観てきたが、こんな終わり方は今まで見たことがない。ただただ驚きだ」と記した。

 同じく「ESPN」のマイク・コッピンガー記者も「オーマイガー! リー・ウッドが12回に、マイケル・コンランをロープの外に出して床に倒した。悪魔の巣窟だ」と衝撃を受けた様子。状態が心配されたコンランだったが、英プロモート会社「マッチルーム」のCEO、フランク・スミス氏は「マイケル・コンランは病院に到着。意識は安定している」とツイートし、大事に至らなかった様子だ。

 今年ここまでのベストマッチの声も多く上がっており、ウッドが母国のリングから世界のボクシング関係者に驚きをもたらした。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集