[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

2位の大谷翔平を抑えて1位に選ばれたのは? MLBが“2021年最高の瞬間トップ40”を発表

新労使協定を巡る対立で開幕延期となっていた米大リーグは10日(日本時間11日)、メジャーリーグ機構と選手会の間で同協定の締結で合意したことが発表された。MLBは公式YouTubeチャンネルで昨季の“最高の瞬間トップ40”を発表。エンゼルスの大谷翔平投手が2位と11位に選出された。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

“リアル二刀流”を解禁したホワイトソックス戦は11位に選出

 新労使協定を巡る対立で開幕延期となっていた米大リーグは10日(日本時間11日)、メジャーリーグ機構と選手会の間で同協定の締結で合意したことが発表された。MLBは公式YouTubeチャンネルで昨季の“最高の瞬間トップ40”を発表。エンゼルスの大谷翔平投手が2位と11位に選出された。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 開幕前に昨季を振り返ったMLB。「2021年シーズンの“瞬間”トップ40」と題して、盛り上がったシーンを独自に選出。数々の名シーンが続く中、背番号17が最初に登場したのは11位だった。4月4日(日本時間5日)に「2番・投手」として出場し、渡米後初の“リアル二刀流”を解禁した試合。初回に160キロを超える直球を投じると、その裏の打席で137メートルの特大弾を放った。昨季の“大谷伝説”の幕開けを予感させた。

 2位はオールスター。ホームランダービーに出場すると、28本を記録し、観客を沸かせた。翌日の球宴ではア・リーグの先発マウンドに立ち、1回を無安打無失点に抑えた。投打で超一流選手たちに立ち向かった歴史的な2日間が選出されたコメント欄には「オオタニのHRダービーがまた見たい」「野球よ、お帰り」「パーフェクトチョイス」「どのシーンも最高」などの声が集まった。

 1位に選出されたのは大腸がんの闘病生活を送っていたトレイ・マンシーニ(オリオールズ)が地元ファンの前で復帰した同4月8日の本拠地開幕戦。スタンディングオベーションで迎えられるシーンが収められた。3位は名作映画「フィールド・オブ・ドリームス」のロケ地で開催された同8月12日のヤンキース対ホワイトソックス。両チーム計8本塁打が飛び出した空中戦。ホワイトソックスが劇的なサヨナラ勝利を収めた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集