[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

2位浮上の西郷真央、ツアー史上3人目の初優勝から2戦連続V射程「結果がついてくれば」

女子ゴルフの今季2戦目・明治安田生命レディス第2日が12日、高知・土佐CC(6228ヤード、パー72)で行われた。20歳の西郷真央(島津製作所)は6バーディー、ボギーなしの66で回って通算9アンダーとし、2位に浮上した。開幕戦ダイキンオーキッドレディスではツアー初優勝を飾っており、ツアー史上3人目の初優勝からの2戦連続Vが視野に入ってきた。首位には1打差の通算10アンダーで植竹希望(サーフビバレッジ)が立っている。

明治安田生命レディス第2日、通算9アンダーで2位に浮上した西郷真央【写真:Getty Images】
明治安田生命レディス第2日、通算9アンダーで2位に浮上した西郷真央【写真:Getty Images】

国内ツアー第2戦・明治安田生命レディス第2日

 女子ゴルフの今季2戦目・明治安田生命レディス第2日が12日、高知・土佐CC(6228ヤード、パー72)で行われた。20歳の西郷真央(島津製作所)は6バーディー、ボギーなしの66で回って通算9アンダーとし、2位に浮上した。開幕戦ダイキンオーキッドレディスではツアー初優勝を飾っており、ツアー史上3人目の初優勝からの2戦連続Vが視野に入ってきた。首位には1打差の通算10アンダーで植竹希望(サーフビバレッジ)が立っている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 西郷が淡々とプレーし、スコアを伸ばした。前半で3バーディー、後半も3バーディー。6つ目となった16番パー4では、3メートルのパットを真ん中から沈めてニコリと笑った。昨年大会では予選落ちを喫しているが、今年は堂々の優勝争い。会見での言葉は謙虚ながら、風格も感じさせた。

「前半はラッキーもありましたが、後半は大きなミスもなくスコアをまとめることができました。風が吹いていないこともありますが、昨年のことは気にせず、プレーできました。ティーショットの飛距離は伸びていますし、試合を重ねてきて『昨年の自分とは経験値が違う』という思いもありました」

 ルーキーシーズンとなった昨季(2020-21年統合シーズン)に7度の2位を経験し、今季開幕戦のダイキンオーキッドレディスで5打差から逆転でツアー初優勝を飾った。当日の夜、師匠の尾崎将司に電話で報告をすると、祝福されつつ、「良かったな~。2勝目も頼むぞ」と激励もされている。それが現実になれば、西田智慧子(90年)、表純子(05年)以来、ツアー史上3人目の初優勝からの連続優勝になるが、西郷は努めて冷静に言った。

「私の場合は初優勝も難しかったので、そこは気にせずに目の前のことに集中し、結果がついてくればうれしいです。記録についても、あとで『そんな記録が出たんだ』というのがいいです」

 状況的には前週とは違い、最終組からのスタート。だが、西郷は「やることは一緒だと思います。応援を力に頑張りたいです」とキッパリ。そして、尾崎からも期待を込められていることにも言及し、「素晴らしい環境で練習をさせてもらっているので、結果で恩返しをしていきたいです」と言葉に力を込めた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集