[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

F1で起きたマシン火災をまたドライバー自ら消火 海外驚き「ベッテルから学んだはず」

現地時間11日に行われた自動車レースのF1・バーレーングランプリのテスト走行2日目。ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)はブレーキ火災に遭い、走行停止を余儀なくされた。ラティフィは自ら消火器を持ち、消火活動を行った。海外ファンは「肝を冷やしたね」「F1ドライバーはみんな消防士でもあるのかね?」などと注目している。

ウィリアムズのニコラス・ラティフィ【写真:Getty Images】
ウィリアムズのニコラス・ラティフィ【写真:Getty Images】

ウィリアムズのラティフィがテスト走行中にブレーキ火災

 現地時間11日に行われた自動車レースのF1・バーレーングランプリのテスト走行2日目。ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)はブレーキ火災に遭い、走行停止を余儀なくされた。ラティフィは自ら消火器を持ち、消火活動を行った。海外ファンは「肝を冷やしたね」「F1ドライバーはみんな消防士でもあるのかね?」などと注目している。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 欧州衛星放送「ユーロスポーツ」が「ラティフィが凄まじい故障に遭遇した」と報じたアクシデント。記事では「最初にタイヤが燃えて、そのままマシンに引火した」と状況を説明した。降車したラティフィが手にしたのは消火器。自らの手で、紫色に燃える炎の消火を試みていた。

 実際の様子を写した様子をF1公式インスタグラムが公開。「2日目のモーニング・セッションでウィリアムズのマシンから出火し、ラティフィが消火の助けを求めて飛び降りた」と文面で説明した。

 海外ファンからは「肝を冷やしたね」「F1ドライバーはみんな消防士でもあるのかね?」「なんで紫の炎?」「ベッテルがちゃんと教えてくれるよ」「セバスチャン・ベッテルからちゃんと学んでいるはず」などとコメントが集まっている。

 2月のバルセロナテストでは4度の総合王者に輝いているセバスチャン・ベッテルが白煙が吹き出ているマシンに対して、自ら消火活動を行う様子が反響を呼んでいたが、26歳のカナダ人も“消防士”となり、ファンの注目を浴びていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集