[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「エース封じ」の任務遂行 B1王者・千葉、原修太ら“想定外”の中断期間で能力に磨き

バスケットボールB1リーグの昨季王者である千葉ジェッツは、3月12日に川崎ブレイブサンダースとの天皇杯決勝を控えている。その大一番を前に、9日のB1第23節で宇都宮ブレックスと対戦。昨季のチャンピオンシップファイナルで対峙した難敵であり、しかも千葉は“試合勘”に不安を抱えていた。

B1リーグ千葉ジェッツの原修太【写真:CHIBAJETS FUNABASHI/PHOTO:Atsushi Sasaki】
B1リーグ千葉ジェッツの原修太【写真:CHIBAJETS FUNABASHI/PHOTO:Atsushi Sasaki】

コロナによる試合中止が相次ぎ、1か月ぶりとなった公式戦で宇都宮に快勝

 バスケットボールB1リーグの昨季王者である千葉ジェッツは、3月12日に川崎ブレイブサンダースとの天皇杯決勝を控えている。その大一番を前に、9日のB1第23節で宇都宮ブレックスと対戦。昨季のチャンピオンシップファイナルで対峙した難敵であり、しかも千葉は“試合勘”に不安を抱えていた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 まず千葉は2022年に入って、まだ実戦を4試合しか戦っていない。1月29日・30日の横浜ビー・コルセアーズ戦、2月2日の川崎戦、2月5日・6日のアルバルク東京戦、3月5日・6日の名古屋ダイヤモンドドルフィンズ戦がすべてコロナ絡みで中止となったからだ。9日の宇都宮戦は、2月9日の天皇杯から丸1か月ぶりの公式戦だった。

 また千葉は宇都宮に、10月27日の今季初顔合わせで75-100と大敗している。フィジカルな相手の守備に苦しみ、持ち味を全く出せない展開だった。

 しかし千葉は今回の試合でフィジカルなバトルでやり返し、93-66と快勝している。中2日の12日に組まれた天皇杯決勝に向けて、弾みのつく内容だった。

 大野篤史ヘッドコーチは試合後、こう述べている。

「バイウィーク(リーグ戦がない週)にディフェンスの細かいところや、自分たちが今、取り組まなければいけないところを、選手たちがハードワークしてくれた。コロナで試合がキャンセルになるなかでも、ポジティブなモチベーションを持って練習に取り組んでくれた。それがいい結果につながったと思っている。フィジカル差で前回負けたので、フィジカル差で負けないでおこう……というところを、しっかり体現してくれた」

 中断期間中、富樫勇樹と佐藤卓磨は日本代表合宿に参加していたが、他の選手もそれぞれにステップアップを果たし、それが宇都宮戦の快勝に寄与した。

 原修太は大野HCから「エース封じ」を任されて遂行。フィジカルな守備で比江島慎を苦しめていた。原はこう口にする。

「昨日の時点で大野さんから『比江島を任せた』と言ってもらえたので、自分の仕事はできたのではないかと思います。ポジティブに考えるのであればこの2か月で4試合しかなかった分、チームのディフェンスやコミュニケーションを突き詰められた。久々の試合ですから、本当に出だしが大事になります。宇都宮はすごくインテンシティの高いチームなので、なおさら出だしを抑えるのが大事だと考えていました」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集