[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

体重超過の現役王者を圧倒 再起の34歳ロマゴンに米記者称賛「別次元」「彼は職人だ」

ボクシングの元世界4階級制覇王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア・帝拳)が5日(日本時間6日)、米カリフォルニア州で行われたスーパーフライ級12回戦で、WBC世界フライ級王者フリオ・セサール・マルティネス(メキシコ)に3-0の判定勝ち。1年ぶりのリングで完勝した。相手は前日計量で体重超過を犯していたが、米記者からは「ゴンサレスは別次元」「彼は職人」と関係なく勝ったロマゴンに称賛が送られている。

スーパーフライ級12回戦、ローマン・ゴンサレス(左)はフリオ・セサール・マルティネスに3-0で判定勝ちした【写真:Getty Images】
スーパーフライ級12回戦、ローマン・ゴンサレス(左)はフリオ・セサール・マルティネスに3-0で判定勝ちした【写真:Getty Images】

スーパーフライ級12回戦、ロマゴンが1年ぶりの試合に勝利

 ボクシングの元世界4階級制覇王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア・帝拳)が5日(日本時間6日)、米カリフォルニア州で行われたスーパーフライ級12回戦で、WBC世界フライ級王者フリオ・セサール・マルティネス(メキシコ)に3-0の判定勝ち。1年ぶりのリングで完勝した。相手は前日計量で体重超過を犯していたが、米記者からは「ゴンサレスは別次元」「彼は職人」と関係なく勝ったロマゴンに称賛が送られている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 体重超過の相手をものともしなかった。ブラウンのグラブでリングインしたロマゴン。左右の拳で何度も的確に相手の顔面をとらえた。観客の大歓声を浴びながら、マルティネスを何度もロープ際に追い込むなど手数でも圧倒。終始試合を優位に進め、判定までもつれ込んだものの116-112、117-110、118-110と現役王者に完勝を収めた。

 34歳のゴンサレスは昨年3月、ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)に判定負けし、王座陥落して以来の実戦だった。前日計量でマルティネスは1.4ポンド(約635グラム)の体重超過を犯していたが、関係なく勝利した試合に米記者からもツイッターで称賛が集まっている。

 米スポーツ専門局「ESPN」のマイク・コッピンガー記者は「年間最高試合とまではいかなかったが、チョコラティート(ゴンサレスの愛称)がマルティネスを圧倒していたのは確かだ。ゴンサレスはシンプルに別次元にいる存在だ」と称え、過去に「ESPN」で記者を務めていたスティーブ・キム氏も「ローマン・ゴンサレスの戦い方は教科書に載せるべきだ。彼は職人である」とその実力を表現した。

 ボクシングの英興行大手・マッチルーム社で社長を務めるエディー・ハーン氏も「なんという試合だ。チョコラティートは真のP4P(パウンド・フォー・パウンド)のレジェンド」と好評価していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集