[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

キプチョゲ、V会見終了後に自ら訴え「スポーツで平和を」 ウクライナ侵攻に熱弁

東京マラソンは6日、東京都庁~東京駅前行幸通りの42.195キロで行われ、37歳の世界記録保持者エリウド・キプチョゲ(ケニア)が2時間2分40秒で初優勝を飾った。昨夏の東京五輪で連覇。初参戦の東京マラソンで世界歴代4位のタイム、日本開催レースの歴代最速タイムをマークし、貫録を見せつけた。大会新記録記念ボーナスとして300万円が贈られた。

東京マラソンで優勝を飾ったエリウド・キプチョゲがウクライナへの侵攻にコメント【写真:浜田洋平】
東京マラソンで優勝を飾ったエリウド・キプチョゲがウクライナへの侵攻にコメント【写真:浜田洋平】

東京マラソン

 東京マラソンは6日、東京都庁~東京駅前行幸通りの42.195キロで行われ、37歳の世界記録保持者エリウド・キプチョゲ(ケニア)が2時間2分40秒で初優勝を飾った。昨夏の東京五輪で連覇。初参戦の東京マラソンで世界歴代4位のタイム、日本開催レースの歴代最速タイムをマークし、貫録を見せつけた。大会新記録記念ボーナスとして300万円が贈られた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 キプチョゲは出だしから先頭集団を引っ張る展開。5キロ地点は自身の世界記録ペースを7秒上回る14分17秒で通過した。しかし、先頭集団は10キロ付近でコースを間違えるハプニング。左に曲がるところを、反対車線側の折り返し後の給水エリアに向かってしまった。数メートル先からすぐに戻ったが、10秒ほどのタイムロス。一時的にリズムを崩す展開となった。

 25キロは1時間12分26秒で世界記録を2秒下回るペースで通過した。直後にペースメーカーを振り切って前に出ると、先頭集団はアモス・キプルト(ケニア)と2人のみに。世界記録ペースからは徐々に離されたが、36キロ過ぎから独走し、強さを見せた。

 会見では「日本に来ることができて嬉しい。去年金メダルを獲ってまた帰って来られて感謝しています。本当に自分が強くなっていると感じているのでそういうレースができて嬉しい」と笑顔。「集団から飛び出たのは良いタイムが出ると思って、楽しかったから。走ることへの愛情でみんなを幸せにしたいと思って飛び出した」と述べ、こう続けた。

「本当にハッピーです。東京の道を走れて。去年はもともと東京だったけど、札幌で五輪が開催されてここから離れている。だから本当に去年から約束していた。良い走りができた。多くの人たちにインスピレーションを与えることができた。人々に結束すれば何か変化をもたらせる。団結すればいい。一つの目標に向かってまとまろうということを伝えられたんじゃないか」

 2時間1分39秒の男子世界記録を持ち、16年リオ、21年東京と五輪連覇した生きるレジェンド。2019年には非公認ながら42.195キロを1時間59分40秒で走破した。人類初の2時間を切る異次元のタイムをマーク。マラソンは16戦14勝の驚異的勝率を見せた。

 さらに「ケニアに一度帰ってチームと話し合って目標を決めた。チームで努力しているから単独では決めない」と団結力をアピール。会見は終了したが、自らマイクを握って話続け、ロシアによるウクライナ侵攻について訴えた。

「みなさん本当にありがとうございます。皆様の幸運を祈っている。団結して一つになって平和をもたらしましょう。スポーツしかない。スポーツにしかできないことがあるんです。世界は本当に混乱している。ウクライナで起きていることをみんなで打ち負かしましょう。団結して解決を見出だしましょう。この世界には2つの人種しかいない。問題を起こす人たち、それと問題を解決する人たち。我々は解決する人たちになりましょう。ありがとうございました」

 会見場は大きな拍手に包まれた。

 東京、ロンドン、ベルリン、シカゴ、ニューヨーク、ボストンの6大会を総称した「ワールドマラソンメジャーズ」の全制覇が目標。これまでロンドン4度、ベルリン3度、シカゴ1度制してきた。「パリを考えている。走ることをやめることはない」と史上初の3連覇のかかる24年パリ五輪を見据えている。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集