[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

6年前のカーリング藤澤五月が「なんかかわいい」 メンバーを大爆笑させた挑戦とは

北京五輪を終え、銀メダルを獲得したカーリング日本代表(ロコ・ソラーレ)の吉田知那美が過去の思い出を続々と明かし、ファンを楽しませている。6年前に24歳だった藤澤五月が二重跳びを練習するシーンを紹介。「なんかかわいい」とつづった。

北京五輪カーリング銀メダルの藤澤五月(左)と吉田知那美【写真:Getty Images】
北京五輪カーリング銀メダルの藤澤五月(左)と吉田知那美【写真:Getty Images】

吉田知那美が6年前の思い出を紹介

 北京五輪を終え、銀メダルを獲得したカーリング日本代表(ロコ・ソラーレ)の吉田知那美が過去の思い出を続々と明かし、ファンを楽しませている。6年前に24歳だった藤澤五月が二重跳びを練習するシーンを紹介。「なんかかわいい」とつづった。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 藤澤は屋内で縄跳びにチャレンジ。引っかかった瞬間、周りのメンバーは大爆笑した。仕切り直して手拍子に乗りながらジャンプ。再び失敗し、ロコ・ソラーレの笑顔が弾けた。

 インスタグラムに動画を公開した吉田知は「2016年、二重跳びの練習をしていた24才のさっちゃん」と紹介。「#なんかかわいい」と記した。ファンからも「可愛いですね!!」とコメントが寄せられた。

 吉田知は五輪後も積極的にSNSを更新。周囲を明るくさせるシーンの数々がファンを楽しませている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集