[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

最後の1mのパットに「ビビっていた」 26歳堀琴音、1年前の沖縄にあった復調の転機

女子ゴルフの国内ツアー開幕戦・ダイキンオーキッドレディスは4日、沖縄・琉球GC(6590ヤード、パー72)で第2日が行われた。前日3日、26歳になった堀琴音(ダイセル)が4バーディー、ボギーなしの68で回り、通算5アンダーで3位に浮上した。1年前は推薦出場で約2年半ぶりの予選通過を喜んだが、今大会は2勝目を狙える位置につけている。首位は通算8アンダーの黄アルムで、2位には1打差の通算7アンダーで渡邉彩香がつけている。昨季賞金女王の稲見萌寧は69で回り、61位から13位に順位を上げた。

ダイキンオーキッドレディス、通算5アンダーで3位に浮上した堀琴音【写真:Getty Images】
ダイキンオーキッドレディス、通算5アンダーで3位に浮上した堀琴音【写真:Getty Images】

今季ツアー開幕戦ダイキンオーキッドレディス第2日

 女子ゴルフの国内ツアー開幕戦・ダイキンオーキッドレディスは4日、沖縄・琉球GC(6590ヤード、パー72)で第2日が行われた。前日3日、26歳になった堀琴音(ダイセル)が4バーディー、ボギーなしの68で回り、通算5アンダーで3位に浮上した。1年前は推薦出場で約2年半ぶりの予選通過を喜んだが、今大会は2勝目を狙える位置につけている。首位は通算8アンダーの黄アルムで、2位には1打差の通算7アンダーで渡邉彩香がつけている。昨季賞金女王の稲見萌寧は69で回り、61位から13位に順位を上げた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 ラウンドを終えた堀が、実感を込めて言った。

「1年前、主催者推薦で出場させてもらい、2年半ぶりに予選を通って喜んでいました。でも、今はメンタルが違います。1年でこんなに変わったんだと思います」

 堀は昨年7月、ニッポンハムレディスクラシックでツアー初優勝を飾った。約3年に及ぶ不振を乗り越えての栄冠だったが、復調のきっかけが2021年のダイキンオーキッドレディスだったという。初日76をたたきながら、第2日で69をマーク。最終18番パー5、1メートル残したパーパットを入れ、カットライン上で予選通過。そして、1年が経ち、この日は最終9番パー4でタップインのパー。首位に3打差で決勝ラウンドに進んだ。

「1年前は、最後の1メートル(のパット)にビビッていました。でも、あれがあったからこそ、自信がついて、(昨年7月に)優勝できたんだと思います」

 球筋はかつてのドローからフェードに変わり、オフは同じフェーダーの有村智恵から「フェードを打つには」をテーマに腹筋トレーニングを学んだという。結果、ドライバーの飛距離は5ヤード伸び、「私にとってはすごく大きいことです」と目を輝かせた。

 シーズン開幕日でもある前日3日は、26歳の誕生日で、「ダイキン(工業)さんからマグカップをいただきました」と明かし、「あらためてシードを取れてこの日を迎えられたことがうれしいです」と言った。

 残り2日。堀はあえて「予選ラウンドと変わらない気持ちで、欲張らずに上に行けたらと思います」と言ったが、虎視眈々と2勝目を狙っている。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集