[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女性アスリートにユニフォームがくれるもの 体操選手として杉原愛子が注ぐレオタード愛

「THE ANSWER」は3月8日の「国際女性デー」に合わせ、女性アスリートの今とこれからを考える「THE ANSWER的 国際女性ウィーク」を今年も展開。「女性アスリートが自分らしく輝ける世界」をテーマに1日から8日までの1週間、8人のアスリートが登場し、8つの視点でスポーツ界の課題を掘り下げる。5日目は「女性アスリートとユニフォーム」。体操の東京五輪代表・杉原愛子(武庫川女子大)が登場する。

体操の杉原愛子がレオタードへの無垢な愛とこだわりを明かした【写真:松橋晶子】
体操の杉原愛子がレオタードへの無垢な愛とこだわりを明かした【写真:松橋晶子】

「THE ANSWER的 国際女性ウィーク」5日目 テーマは「女性アスリートとユニフォーム」前編

「THE ANSWER」は3月8日の「国際女性デー」に合わせ、女性アスリートの今とこれからを考える「THE ANSWER的 国際女性ウィーク」を今年も展開。「女性アスリートが自分らしく輝ける世界」をテーマに1日から8日までの1週間、8人のアスリートが登場し、8つの視点でスポーツ界の課題を掘り下げる。5日目は「女性アスリートとユニフォーム」。体操の東京五輪代表・杉原愛子(武庫川女子大)が登場する。

【特集】「タブーなしで考える女性アスリートのニューノーマル」 THE ANSWER的「国際女性ウィーク」特設サイトはこちら

 近年、スポーツ界の性的画像問題の議論の高まりとともに、陸上などの女子選手のユニフォームの機能性と肌の露出がクローズアップされる。体操競技もその一つ。昨夏の東京五輪でドイツ代表が足首まで覆うユニタードを着用し、話題になった。前編では、杉原が体操選手にとってのユニフォームであるレオタードへの無垢な愛と、こだわりを明かした。(取材・文=THE ANSWER編集部・出口 夏奈子)

 ◇ ◇ ◇

 杉原愛子には真っ赤なレオタードがよく似合う。

 昨年5月15日、東京五輪の代表入りを決めたNHK杯で着用していたレオタードも、真っ赤だった。腰には黒いベルトがデザインされ、散りばめられたラインストーンが、時折ライトに反射してキラキラと輝く。その輝きと、杉原の満面の笑みが見る者を惹きつける。

「私、レオタードには結構こだわっているんです」

 確かに、ここまで凝ったデザインやゴージャスな印象を受けるレオタードはあまり見たことがない。しかも、公式戦の競技用だ。根っからの関西人の22歳は「みんなと一緒というのが私、あまり好きじゃなくて」と口にする。

「一人だけ違う、特別な感じを出したいってこだわりがあるんです。体操界で、フィギュアスケート選手のようなキラキラでゴージャスなレオタードを着ている人なんて誰もいないじゃないですか? だから、『私が最初にやる!』と思ったんです」

 杉原は、自分を表現する手段の一つとして、オリジナルのレオタードを着用したいと考えた。イメージ画像を大野和邦監督に見せて相談したところ、それらはすべてフィギュアスケートの羽生結弦や宇野昌磨を手掛ける衣装デザイナー・伊藤聡美さんの作品であることが分かった。

 すぐに連絡を取り、レオタードのデザイン製作を依頼。すべてオーダーメイドで作ってもらった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集