[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • なぜこんなにゆっくりなのか!? 三塁から40秒、3歳少年の“スローすぎる走塁”が話題

なぜこんなにゆっくりなのか!? 三塁から40秒、3歳少年の“スローすぎる走塁”が話題

米国野球界を3歳の少年が沸かせている。少年野球のリーグ戦で、まるで亀のようなゆっくりした歩みで、約40秒かけて三塁から本塁へ生還。米スポーツ専門局「ESPN」の公式インスタグラムが動画付きで紹介するなど、米メディアも続々と取り上げている。

スローモーションでホームに戻るレノックス・サルセド君(画像はスクリーンショットです)
スローモーションでホームに戻るレノックス・サルセド君(画像はスクリーンショットです)

米の3歳少年が実にのんびりと本塁へ生還するシーンが話題に

 米国野球界を3歳の少年が沸かせている。少年野球のリーグ戦で、まるで亀のようなゆっくりした歩みで、約40秒かけて三塁から本塁へ生還。米スポーツ専門局「ESPN」の公式インスタグラムが動画付きで紹介するなど、米メディアも続々と取り上げている。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 未だかつてこんなにのんびりした、そして可愛すぎる本塁生還シーンがあっただろうか。今全米で話題を呼んでいるのが、3歳の少年、レノックス・サルセド君だ。

 ESPNが公開している動画では、サルセド君は本塁へ向かってゆっくりゆっくり、スローモーションで手足を動かしている。一歩ずつ、着実に、グラウンドを踏みしめながら、本塁へ向かっている。

 途中、見かねた父親が早くゴールさせようと、背中を押そうとしたが、サルセド少年は聞く耳を持たない。父親の腕を振り払い、実に40秒以上かけてなぜか最後はホームに手をつき、“生還”を果たした。

 なんとも不思議な光景だが、実に可愛らしい走塁シーン。米テレビ局「ABCニュース」も「このビデオで愛らしい3歳の野球選手はスローモーションでベースを目指します」との見出しで、動画付きで報じている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー