[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 張本智和、元世界1位との“16本の応酬”に連盟が注目「信じられないようなラリー」

張本智和、元世界1位との“16本の応酬”に連盟が注目「信じられないようなラリー」

卓球の世界選手権団体戦(スウェーデン・ハルムスタード)は30日、1次リーグを行い、男子はC組の日本がベラルーシに3-0で勝利した。第1ゲームでは世界ランク13位の14歳、張本智和(エリートアカデミー)は元世界1位の42歳ブラディミル・サムソノフに大逆転勝利を挙げたが、国際卓球連盟(ITTF)は、そこでの激しいラリーを大会2日目のハイライトとして取り上げている。

張本智和【写真:Getty Images】
張本智和【写真:Getty Images】

張本と元世界1位サムソノフとの16本の激しいラリーの応酬が、2日目のハイライトに

 卓球の世界選手権団体戦(スウェーデン・ハルムスタード)は30日、1次リーグを行い、男子はC組の日本がベラルーシに3-0で勝利した。第1ゲームでは世界ランク13位の14歳、張本智和(エリートアカデミー)は元世界1位の42歳ブラディミル・サムソノフに大逆転勝利を挙げたが、国際卓球連盟(ITTF)は、そこでの激しいラリーを大会2日目のハイライトとして取り上げている。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 第1ゲーム、張本が9-8とリードした場面だった。激しいスマッシュを何度も見舞うが、サムソノフもテーブルから大きく離れながらも、懸命に拾う。まさにラリーの応酬。だが、最後は日本の天才が飛び上がりながら16本目のショットを対角線上に叩き込み、ポイントを挙げた。

 雄たけびを上げながら、激しく右手を突き上げ会心のガッツポーズを繰り出す張本。このポイントが2日目の大会ハイライトになった。

 ITTFは公式YouTubeに「経験VS若さによる”タイタンの戦い”。今回は、若さの勝利だ。トモカズ・ハリモトとブラディミル・サムソノフの間で信じられないようなラリー」と題して動画を公開。ファンからは「インクレディブルなポイントだ」とコメントがつけられている。

 同日夜に行われたイングランド戦は1-3で敗戦。連勝が止まった。1日には台湾戦が行われる。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー