[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井上尚弥、“11秒KO男”テテから挑戦状「マクドネルと井上の勝者と対戦したい」

井上尚弥、“11秒KO男”テテから挑戦状「マクドネルと井上の勝者と対戦したい」

プロボクシングの前WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)は5月25日にWBA世界バンタム級タイトルマッチ(大田区総合体育館)で同級王者ジェイミー・マクドネル(英国)に挑戦する。「The Monster」が晴れて3階級制覇に成功すれば、WBO同級王者のゾラニ・テテ(南アフリカ)が「統一戦を受けなければいけない」と挑戦状を出している。英ボクシング専門メディア「iFL TV」が報じている。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

「5.25」のタイトル戦勝者との激突に意欲「彼らは受けなければいけない」

 プロボクシングの前WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)は5月25日にWBA世界バンタム級タイトルマッチ(大田区総合体育館)で同級王者ジェイミー・マクドネル(英国)に挑戦する。「The Monster」が晴れて3階級制覇に成功すれば、WBO同級王者のゾラニ・テテ(南アフリカ)が「統一戦を受けなければいけない」と挑戦状を出している。英ボクシング専門メディア「iFL TV」が報じている。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 昨年11月のシボニソ・ゴニャ(南アフリカ)戦でタイトル戦史上最短となる11秒でKO勝ちを果たしていたテテ。統一戦実現に牙を剥き始めた。

「自分はこれまで対戦から逃げられてきたファイターだと信じている。今年のどこかの段階で、挑戦を受けて戦わなければいけない男たちが出てくるだろう。なぜなら、チャンピオンとして自分自身を評価するために、最高のファイターと戦わなければいけないからだ」

 記事によれば、テテはこう語ったという。そして、統一戦のためなら、相手も場所も選ばないと執念を見せている。

「自分はライアン・バーネットと戦うのなら、ベルファストだろうが、どこにでも行く。どこでも関係ない。米国だろうか、日本だろうが、ベルファストだろうが。喜んで受けて立つよ」とまで言い放ったといい、バンタム級に君臨するWBAスーパー王者ライアン・バーネット(英国)の本拠地に乗り込む覚悟を示している。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー