[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • “折りながらの衝撃” 米屈指の強打者が放った一撃にファン唖然「超人ハルクか?」

“折りながらの衝撃” 米屈指の強打者が放った一撃にファン唖然「超人ハルクか?」

米大リーグで驚愕のシーンが話題を呼んでいる。根元から折れたバットでスタンドイン――。こんな度肝を抜くアーチを放ったのは、ナショナルズの主砲ブライス・ハーパー外野手だった。16日(日本時間17日)の敵地メッツ戦。バットを真っ二つに折りながら、右中間スタンドまで打球を運んだ。MLB公式ツイッターが動画で紹介すると、目の当たりにしたファンは「どうなってるんだ…超人ハルクか?」と仰天している。

ナショナルズのブライス・ハーパー【写真:Getty Images】
ナショナルズのブライス・ハーパー【写真:Getty Images】

バットを折られながらも右中間席へ運ぶ驚異のパワーを披露

 米大リーグで驚愕のシーンが話題を呼んでいる。根元から折れたバットでスタンドイン――。こんな度肝を抜くアーチを放ったのは、ナショナルズの主砲ブライス・ハーパー外野手だった。16日(日本時間17日)の敵地メッツ戦。バットを真っ二つに折りながら、右中間スタンドまで打球を運んだ。MLB公式ツイッターが動画で紹介すると、目の当たりにしたファンは「どうなってるんだ…超人ハルクか?」と仰天している。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 驚愕の場面は初回だった。2死走者なし。打席に立ったハーパーは、メッツの先発デグロムの初球、95.8マイル(約154キロ)の内角速球に思い切りバットをぶつけた。

 バットは根元から真っ二つ。ハーパーの手に残ったのはグリップのわずかな部分だけ。折れた先は一塁側ベンチ方向へ吹っ飛んで行った。打球は上がったが、平凡なフライだろう……。そんな想像もつかの間だった。

 高く舞い上がった白球の勢いは衰える気配を見せない。そのまま、右中間スタンドまで到達した。呆れるばかりのパワーで運んだ8号ソロアーチ。ナショナルズの背番号34は悠々とダイヤモンドを一周した。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー