[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太、初防衛で開けたゴロフキンへの道 米ESPN「双方合意なら東京Dで実現へ」

日本ボクシング史に残るビッグマッチへ、アラム氏は「ムラタは体格面のアドバンテージがある」

 ゴロフキンは5月5日にサウル“カネロ”アルバレスとの再戦を予定していたが、アルバレスのドーピング違反によって中止に。ゴロフキンの相手はいまだ決まっていない状態だ。なかなか相手が見つからないこともあり、年末に村田とのビッグマッチが実現する可能性があるとしている。

「ムラタはゴロフキンを凌駕する大きな体格がアドバンテージになる。彼に打ち勝つことは可能だろう」

 村田と契約するトップランク社CEOのボブ・アラム氏は、こう口にしているという。村田(182センチ)は、ゴロフキン(179センチ)を体格面では上回っており、その点にアラム氏は自信を見せているようだ。

 村田-ゴロフキン戦が実現したなら、日本ボクシング史に残るビッグマッチ。東京ドームでのボクシング開催なら1990年のマイク・タイソン-ジェームス・ダグラス戦以来、28年ぶりとなる。村田は誰も歩んだことのない道を歩こうとしている。

(THE ANSWER編集部)



1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集