[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 村田諒太、初防衛で開けたゴロフキンへの道 米ESPN「双方合意なら東京Dで実現へ」

村田諒太、初防衛で開けたゴロフキンへの道 米ESPN「双方合意なら東京Dで実現へ」

WBA世界ミドル級タイトルマッチが15日、横浜アリーナで行われ、王者・村田諒太(帝拳)が挑戦者で同級6位のエマヌエーレ・ブランダムラ(イタリア)を8回2分56秒TKOで下し、初防衛に成功した。同級王座を防衛するのは日本人史上初の快挙だ。

村田諒太、ゲンナジー・ゴロフキン【写真:Getty Images】
村田諒太、ゲンナジー・ゴロフキン【写真:Getty Images】

初防衛に成功した村田、全米で生中継したESPNもその動向に注目

 WBA世界ミドル級タイトルマッチが15日、横浜アリーナで行われ、王者・村田諒太(帝拳)が挑戦者で同級6位のエマヌエーレ・ブランダムラ(イタリア)を8回2分56秒TKOで下し、初防衛に成功した。同級王座を防衛するのは日本人史上初の快挙だ。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 年末にも東京ドームでミドル級3団体統一王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)とのビッグマッチの可能性が浮上しているが、村田の試合をプロモートするトップランク社CEOのボブ・アラム氏は「体格はアドバンテージ。彼に打ち勝つ可能性はあるだろう」と勝機ありとしている。全米で生中継した米放送局「ESPN」が報じている。

 村田は序盤から主導権を握り、試合を優位に進めた。有効打、手数でも上回り、じわじわと相手を追い詰めて迎えた8ラウンド終了間際。強烈な右ストレートでダウンを奪い、タフな相手をマットに沈めた。

 全米に村田の姿を流した「ESPN」は「リョウタ・ムラタはエマヌエーレ・ブランダムラ戦で最初のタイトル防衛に成功」と見出しをつけて特集記事を掲載している。

「この試合に多くの人々が注目していた事を実感している。その期待に応えるようなパフォーマンスが必要だった。この試合がアメリカのテレビで放送される事を事前に知っていた。それは、地位を固めていく上で重要なことだ」

 同局によると、村田は試合後こう振り返っている。この初防衛戦が今後のビッグマッチへ向けて重要な位置づけであること。また米国で放送されることで、結果だけでなく内容も意識していたと強調している。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー