[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なでしこが2連勝で8強進出決定 2得点の成宮、次戦の韓国を警戒「一番難しい相手」

インドで開催中の2022 AFC女子アジアカップで白星スタートを飾ったサッカー女子日本代表(なでしこジャパン)は24日、ベトナムとのグループリーグ第2戦を迎え、MF成宮唯の2ゴールの活躍もあり3-0で勝利。2連勝でグループCの2位以内が確定し、決勝トーナメント進出を決めた。

ベトナム戦でボールを運ぶ成宮唯(左)【写真:AP】
ベトナム戦でボールを運ぶ成宮唯(左)【写真:AP】

アジア杯第2戦でベトナムに3-0勝利、グループ首位通過を懸け韓国と激突へ

 インドで開催中の2022 AFC女子アジアカップで白星スタートを飾ったサッカー女子日本代表(なでしこジャパン)は24日、ベトナムとのグループリーグ第2戦を迎え、MF成宮唯の2ゴールの活躍もあり3-0で勝利。2連勝でグループCの2位以内が確定し、決勝トーナメント進出を決めた。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 なでしこジャパンは立ち上がりからボールを保持して相手陣内に攻め込むも、マンマークで人についてくるベトナムの守備を上手く剥がすことができずに苦しむ。そうしたなか、この日、右サイドハーフで先発出場した成宮が裏への抜け出しやドリブルによる仕掛けで攻撃にリズムを加える。すると前半38分、センターバックのDF高橋はなが左サイドからシュートを放ち、GKが弾いたところを、ゴール前に詰めていた成宮が反応して先制点を奪った。

 1-0で折り返した後半5分、FKからFW田中美南が頭で合わせてゴール左隅を狙うも、相手GKが好セーブ。こぼれたところをDF熊谷紗希が押し込んで追加点を挙げた。さらに8分後には、再び得たFKからMF猶本光がクロスを入れると、ファーで待ち構えていた成宮が再びゴールネットを揺らした。その後も、メンバーを入れ替えながら攻め立てたなでしこジャパンだったが、追加点を奪えずにそのまま3-0で勝利。2連勝で決勝トーナメント進出を決めた。

 この日2ゴールと活躍した成宮は試合後、「たくさん点を取るという意味では、もう少し早い時間帯に先制点が取れれば良かったが、崩して点を決める形がなかったのが課題。初戦からフィニッシュという部分は課題が残るゲームになった」とコメント。次戦の韓国戦については「このグループの中で一番難しい相手になると思うが、グループ首位で突破するためにも必ず勝つことをチームとしてやっていきたい」と意気込みを語った。

 同じく2連勝の韓国を得失点差で上回り、首位に立つなでしこジャパン。グループリーグ最終戦となる27日(日本時間17時キックオフ)の直接対決で、引き分け以上ならグループ1位でのベスト8進出が決まる。成宮の言葉通り、韓国は決して楽な相手ではないが、攻撃面での課題を修正し首位通過を果たしたいところだ。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集