[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

斎藤佑樹を動かした1人の高校生 「1本200円のレモネード」で子供の命を繋ぐ活動

2021年12月11日、太田市運動公園市民体育館で行われたバスケットボール・Bリーグの群馬クレインサンダーズ―信州ブレイブウォリアーズ。この日、会場の入場口近くに立つ黄色のテントでは、小児がん患者の支援を目的としたチャリティー活動を行う地元高校生らが、試合に向かう観客に寄付を呼び掛けていた。

元プロ野球選手の斎藤佑樹さんが「レモネードスタンドプロジェクト」に参加【写真:中戸川知世】
元プロ野球選手の斎藤佑樹さんが「レモネードスタンドプロジェクト」に参加【写真:中戸川知世】

Bリーグ群馬が賛同した小児がん支援「レモネードスタンドプロジェクト」

 2021年12月11日、太田市運動公園市民体育館で行われたバスケットボール・Bリーグの群馬クレインサンダーズ―信州ブレイブウォリアーズ。この日、会場の入場口近くに立つ黄色のテントでは、小児がん患者の支援を目的としたチャリティー活動を行う地元高校生らが、試合に向かう観客に寄付を呼び掛けていた。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 黄色いテントは、ぐんま国際アカデミーに通う生徒たちによるチャリティー活動「レモネードスタンドプロジェクト」のブースだ。このプロジェクトは、同校中高等部11年生(高等部2年)の松岡優さんが、アメリカで広まっていた「レモネードスタンド」活動に着目したことから発案。

 当初は、自分にできる範囲内で行うつもりだったが、多くの人にこの活動を知ってもらいたい想いから、自ら企画書を持って企業に働きかけ、地元Bリーグチームの群馬クレインサンダーズ、チームオーナーである株式会社オープンハウス、そして太田市に工場を構えるポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社の賛同を得られ、スタートした。

 松岡さんたちのレモネードスタンドは、群馬クレインサンダーズのホームゲームの際、会場の外で月1度のペースで開催。1本200円でレモネードを販売し、すべての売上金と集まった募金を小児がん支援に寄付する。

「ぐんま国際アカデミーの皆さんがこのような活動をしているというのは、今回僕も初めて知ったこと。こういう活動は、より多くの方たちに知ってもらうべきです」

 と話すのは、この日、松岡さんら高校生とともにレモネードスタンドで募金を呼び掛けた、地元・群馬県太田市出身の元プロ野球選手、斎藤佑樹さんだ。2か月前、11年間の現役生活を終えた斎藤さんはポッカサッポロフード&ビバレッジから「レモネードスタンドプロジェクト」の話を聞き、「僕の発信する力でどこまでお手伝いできるかは分からないが、少しでも役に立てれば」と駆けつけた。

「僕が高校生の頃にそういう活動に取り組んでいなかったので、彼らを見てすごく素晴らしいなと思いましたし、だからこそ、これからの僕の人生においても、彼らを見てすごく勉強になりました」(斎藤さん)

1 2 3

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、以上サンマーク出版)、『走りがグンと軽くなる 金哲彦のランニング・メソッド完全版』(金哲彦著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集