[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 池江璃花子、“17歳ライバル超え”の日本新V3に海外メディア称賛「度肝を抜く泳ぎ」

池江璃花子、“17歳ライバル超え”の日本新V3に海外メディア称賛「度肝を抜く泳ぎ」

競泳の日本選手権女子100メートルバタフライで2日連続の日本新記録を叩き出し、3連覇を達成した池江璃花子(ルネサンス亀戸)。今季世界最高の56秒38をマークし、8月のパンパシ水泳(東京)とアジア大会(インドネシア・ジャカルタ)の代表に内定したが、海外メディアは「度肝を抜く泳ぎ」と称賛。カナダの同い年17歳の逸材との今後の争いについて注目している。

池江璃花子【写真:Getty Images】
池江璃花子【写真:Getty Images】

100mバタフライ、リオ五輪銀メダルの同い年オレクシアクを抜く56秒38をマーク

 競泳の日本選手権女子100メートルバタフライで2日連続の日本新記録を叩き出し、3連覇を達成した池江璃花子(ルネサンス亀戸)。今季世界最高の56秒38をマークし、8月のパンパシ水泳(東京)とアジア大会(インドネシア・ジャカルタ)の代表に内定したが、海外メディアは「度肝を抜く泳ぎ」と称賛。カナダの同い年17歳の逸材との今後の争いについて注目している。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

「池江璃花子がバタフライの日本記録を再更新し、世界ランキングでオレクシアクを抜く」と見出しを打って特集したのは、米水泳専門メディア「スイムスワム」だった。

 記事では、池江の決勝について「度肝を抜く泳ぎ」と称賛。「前日に日本新記録の56秒58で現在、世界NO1のスイマーとしての地位を確立した後、10代選手はその業績をさらに0.2秒縮め、自己新記録で世界トップレベルの56秒38を記録した」と紹介した。

 記録についてはリオデジャネイロ五輪銀メダルのペニー・オレクシアク(カナダ)の56秒46を上回り、世界歴代7位であることも伝えている。次代を担う同い年の17歳、オレクシアクはジュニア時代から競い合ってきた逸材でもある。

 記事では、2人のライバル関係についても注目。「池江とオレクシアクの間で期待のバトルが起ころうとしている。それは2020年東京五輪の池江の地元の観客の前で、まさにヤマ場を迎えるかもしれない」と東京五輪でのハイレベルな戦いに期待している。

 しかし、その前に直接対決となるのが、8月のパンパシ水泳。2年後を見据え、どんな争いが繰り広げられるのか。真夏の決戦は大注目を集めそうだ。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー