[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平は「天才」 米メディアも連日の大絶賛「評判は本当だ、ズバ抜けている」

大谷翔平は「天才」 米メディアも連日の大絶賛「評判は本当だ、ズバ抜けている」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が4日(日本時間5日)、本拠地インディアンス戦に「8番・DH」にスタメン出場し、5回の第2打席で2号2ランを放った。全米を驚かせたメジャー1号から2戦連発、それも昨季のサイ・ヤング賞右腕コーリー・クルーバーから放った衝撃の一発。米メディアは「大谷はズバ抜けている」「エンゼルスの天才」と連日の絶賛を送っている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

サイ・ヤング賞右腕から放った2戦連発に称賛の嵐「エンゼルスの天才が再び本塁打」

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が4日(日本時間5日)、本拠地インディアンス戦に「8番・DH」にスタメン出場し、5回の第2打席で2号2ランを放った。全米を驚かせたメジャー1号から2戦連発、それも昨季のサイ・ヤング賞右腕コーリー・クルーバーから放った衝撃の一発。米メディアは「大谷はズバ抜けている」「エンゼルスの天才」と連日の絶賛を送っている。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 衝撃が一度ならず、二度も走った。大谷がまたやった。5回2死二塁、大谷は昨季のサイ・ヤング賞右腕クルーバーの外角直球を強振。中堅方向に放たれた打球はぐんぐん伸びていった。背走した中堅手が懸命にグラブを伸ばしてジャンプしたが、白球はその上を行き、中堅左のフェンスを越えた。2戦連発。一躍、本拠地エンゼルスタジアムはお祭り騒ぎだ。

 クールにダイヤモンドを一周した大谷はベンチに帰ると、待っていたのは前日の「サイレント・トリートメント」から一転、雄叫びを上げて待つチームメートたち。主砲トラウトは大谷のヘルメットを後ろからしれっと“強奪”し、手荒く祝福した。次々とナインとハイタッチを交わすと、ヘルメットがなくなったことに気づいたのか、周囲をきょろきょろとするような仕草を見せた。

 すっかりとチームメートに認められている様子の大谷。MLB公式ツイッターは一連の様子を動画付きで紹介し、解説者も「ハイタッチしています。おっと、彼は特別?」と思わず笑いながら伝えていたが、サイ・ヤング賞のバリバリの一流投手から放った2戦連発に対し、米メディアもこぞって絶賛を送っている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー