[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

鳥栖U-15が充実の連覇 Jリーグで活躍する先輩に刺激、日本一へ駆け上がる好循環

中学年代のサッカー日本一を決める「高円宮杯JFA第33回全日本U-15サッカー選手権大会」は27日、味の素フィールド西が丘で決勝が行われ、サガン鳥栖U-15(九州第2代表)が4-1でFCラヴィーダ(関東第1代表)を破り、2年連続3度目の優勝を飾った。夏の日本クラブユースサッカー選手権(U-15)では準優勝と、あと一歩で届かなかった日本一に到達した。鳥栖U-15を率いる森惠佑監督は「選手が努力してくれた。積み上げてきた強度、連続性を見せてくれた」と成長を見せた教え子たちを労った。

3点目を決めたサガン鳥栖U-15のMF江下憲成【写真:平野貴也】
3点目を決めたサガン鳥栖U-15のMF江下憲成【写真:平野貴也】

開始6分で電光石火の2ゴール、FCラヴィーダを4-1で破り2年連続3度目の優勝

 中学年代のサッカー日本一を決める「高円宮杯JFA第33回全日本U-15サッカー選手権大会」は27日、味の素フィールド西が丘で決勝が行われ、サガン鳥栖U-15(九州第2代表)が4-1でFCラヴィーダ(関東第1代表)を破り、2年連続3度目の優勝を飾った。夏の日本クラブユースサッカー選手権(U-15)では準優勝と、あと一歩で届かなかった日本一に到達した。鳥栖U-15を率いる森惠佑監督は「選手が努力してくれた。積み上げてきた強度、連続性を見せてくれた」と成長を見せた教え子たちを労った。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 勝敗の肝は、立ち上がりだった。鳥栖U-15は、FW山崎遥稀(3年)をターゲットに速攻中心で一気に押し込むと、前半2分、右サイドからDF田中佑磨(3年)がロングスロー。ゴール前の混戦から、こぼれ球を田中がミドルシュート。さらにこぼれたところをMF川越廉斗(3年)が叩き込んで先制に成功した。川越は「立ち上がりからハードワークができた。1点目は、冷静に決められた。自分の得点で試合の流れを持ってこれた」と手応えを語った。さらに前半6分、DF古舘宗也(3年)が左サイドをドリブルで進み、左から中央に入り込んだ山崎がパスを受けると、すかさずゴール方向へターンして豪快に右足のミドルシュートを決めて追加点を奪った。

 対するFCラヴィーダは、6分で2点を失ったが、強豪Jクラブがひしめく関東王者らしく、個々の高い技術を披露。安易にボールを渡さず、じわりじわりとドリブルで押し込み、しっかりと狙ったタイミングで縦パス、突破を仕掛けたが、鳥栖U-15の速攻によって自陣の深い位置まで戻らされることが多く、ゴールまでの距離が遠かった。アタッキングサードへの侵入に時間がかかり、中盤でボールを失ってショートカウンターを受ける苦しい展開をなかなか脱却できなかった。

 すると前半17分、鳥栖U-15が中盤でボールを奪い、左サイドを一気に突破。山崎のスルーパスでMF江頭瀬南(3年)が抜け出してマイナス方向へクロス。川越が前で囮になり、フリーで走り込んだMF江下憲成(3年)がゴールへ流し込んで3点目を獲得。勝利を決定付けた。

 さらに後半7分、右コーナーキックを古舘がファーサイドからヘディングで折り返すと、主将を務める身長188センチの長身DF大場章太郎(3年)が高さを生かしたヘディングシュートでダメ押しの4点目を奪った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集