[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 終盤14点差逆転V 「岡山のコービー」針間大知が日本一&MVP「誇れるもの」

終盤14点差逆転V 「岡山のコービー」針間大知が日本一&MVP「誇れるもの」

元NBAのスター、コービー・ブライアントに憧れる長身シューターが劇的な逆転勝利で日本一に輝いた。中学生年代の都道府県選抜選手が出場する「第31回都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会」は30日に東京体育館で最終日を行い、男子は岡山県が3年ぶり2回目、女子は千葉県が10年ぶり2回目の優勝を飾った。

MVPに輝いた針間大知【写真:平野貴也】
MVPに輝いた針間大知【写真:平野貴也】

針間が残り11秒で同点3ポイント、延長戦制す「自分がやらなければいけないと」

 元NBAのスター、コービー・ブライアントに憧れる長身シューターが劇的な逆転勝利で日本一に輝いた。中学生年代の都道府県選抜選手が出場する「第31回都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会」は30日に東京体育館で最終日を行い、男子は岡山県が3年ぶり2回目、女子は千葉県が10年ぶり2回目の優勝を飾った。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 男子の決勝戦は、劇的な逆転勝利だった。岡山は、東京Aと対戦。第4ピリオドの残り2分ほどで53-67と引き離されて苦しんだが、エースの針間大知(倉敷市立玉島北中)が外角シュートを連発して猛追した。最後は64-67から残り時間11秒3で、針間が3ポイントを決めて同点。3分間のオーバータイムでも、やはりポイントは針間だった。ジャンプシュートを決めて加点。追いつかれた後の2本目は外したが、同じ中学校のチームメートであるセンターの森岡裕貴がタップシュートをねじ込み、岡山が71-69で勝利した。試合最多の24得点を挙げた針間は、男子のMVPにも輝いた。

「岡山のコービー」だ。針間は中学2年(4月から3年)で180センチと体のサイズに恵まれている選手だが、インサイドで高さを生かすというより、1対1で相手を巧みにかわして的確にたたき込む外角シュートが武器の技巧派。小学生の頃にNBAのスター選手だったコービー・ブライアントの映像を見て真似をしていたと言い「ワンドリ(ドリブル)からのジャンプシュートが得意。コービーのフェイドアウェイシュートのときのヒジの使い方が、自分にとっては完ぺきな形。真似をしていたら、自然と試合に出るようになった。ジャンプシュートは、相手を少しずらせば打てる」と絶対的な武器とした。

 岡山は、序盤に本山遼樹のドライブ(倉敷市立玉島北中)、大長勇也(倉敷市立玉島北中)や澤田大夢(倉敷市立東陽中)の外角シュートで得点を重ねていたが、終盤は、エース頼みになった。マークは厳しくなったが、柄川祥コーチは「針間に相手のマークが寄って来ることは予測していた。それでも、針間には『エースなら全国のトップで点が取れる選手でなければいけない』と言っていた」と信頼を寄せていた。期待に応えた針間は「エースは、ワンプレーで流れを持って来られる選手。途中で10点以上離されて、自分が何とかして流れを引き戻さないといけないと思った。3ポイントのときは、自分がやらなければいけないという責任感だった」と試合後に安堵の表情を浮かべた。

 岡山は、針間、森岡ら180センチが最長。190センチ台のビッグマンはいないチームだったが、総合力で栄冠を手にした。主力選手の多くが倉敷市立玉島北中の所属。針間は「日本一とMVPは、これからのキャリアの自信になった。誇れるもの。今度は(8月に行われる)全国中学校バスケットボール大会で優勝したい」と早くも全国2冠に意欲を見せた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー