[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「6.5秒の衝撃」― あの名GKの“80y超絶フィード”が反響拡大「最後方からも恐怖」

「6.5秒の衝撃」― あの名GKの“80y超絶フィード”が反響拡大「最後方からも恐怖」

27日に行われたサッカーの国際親善試合で話題を呼んだスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド)の80ヤード(約73メートル)の超スーパーフィード。母国メディアが動画付きで紹介すると、海外メディアから「守備陣全員を置き去りにする、精巧で優美で卓越したボールを供給」と称賛の声が上がっていたが、反響はさらに拡大し、「フィードに関しても超一流の達人」「最後方からも恐怖を与える」と他メディアも賛辞を送っている。

スペイン代表GKダビド・デ・ヘア【写真:Getty Images】
スペイン代表GKダビド・デ・ヘア【写真:Getty Images】

スペイン代表GKデ・ヘアのスーパーフィードが海外メディアで続々報道

 27日に行われたサッカーの国際親善試合で話題を呼んだスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド)の80ヤード(約73メートル)の超スーパーフィード。母国メディアが動画付きで紹介すると、海外メディアから「守備陣全員を置き去りにする、精巧で優美で卓越したボールを供給」と称賛の声が上がっていたが、反響はさらに拡大し、「フィードに関しても超一流の達人」「最後方からも恐怖を与える」と他メディアも賛辞を送っている。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 あの“80ヤードの衝撃”がさらに拡大している。脚光を浴びたのは、スペイン代表GKデ・ヘアの1本のゴールキックだった。

 27日のアルゼンチン戦、4-1とリードして迎えた後半28分のゴールキック。デ・ヘアの右足から放たれたボールは低く鋭い軌道を描きながら敵陣へ。これに反応していたのが、FWアスパスだ。最終ラインを上げていたアルゼンチン守備陣の裏を突き、デ・ヘアのパスが「ここしかない」という場所にピタリと落ちた。相手DF陣も追いつけず、エリアを飛び出してきたGKと1対1となった。

 アスパスは背後から来たボールを冷静に見極めると、ワンタッチでゴールに流し込んでみせた。飛距離、軌道、正確性、どれをとっても一級品のスーパーフィードの瞬間を、スペインのサッカー専門メディア「フットビー・エスパーニャ」公式ツイッターが動画付きで公開。映像はゴール裏の背後から撮られており、いかにピンポイントで届いているかが見て取れる。

 ゴールキックから、相手ゴールを割るまでわずか6.5秒。英紙「メトロ」は「アルゼンチンの守備陣全員を置き去りにする、精巧で優美で卓越したボールを供給」と称賛していたが、さらに反響は続々と広がっている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー