[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ここから飛び降りたら楽に…」 かつて心を壊した大山加奈の告白とメンタルヘルス問題【THE ANSWER Best of 2021】

東京五輪の開催で盛り上がった2021年のスポーツ界。「THE ANSWER」は多くのアスリートや関係者らを取材し、記事を配信したが、その中から特に反響を集めた人気コンテンツを厳選。「THE ANSWER the Best Stories of 2021」と題し、改めて掲載する。今回は連載「THE ANSWER スペシャリスト論」から、元バレーボール日本代表の大山加奈さんが語った「アスリートのメンタルヘルス問題」。

元バレーボール日本代表の大山加奈さんが語った「アスリートのメンタルヘルス問題」【写真提供:株式会社RIGHTS.】
元バレーボール日本代表の大山加奈さんが語った「アスリートのメンタルヘルス問題」【写真提供:株式会社RIGHTS.】

「THE ANSWER the Best Stories of 2021」、大山さんの壮絶な経験とは

 東京五輪の開催で盛り上がった2021年のスポーツ界。「THE ANSWER」は多くのアスリートや関係者らを取材し、記事を配信したが、その中から特に反響を集めた人気コンテンツを厳選。「THE ANSWER the Best Stories of 2021」と題し、改めて掲載する。今回は連載「THE ANSWER スペシャリスト論」から、元バレーボール日本代表の大山加奈さんが語った「アスリートのメンタルヘルス問題」。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 6月、テニスの大坂なおみがうつ症状に悩まされていることをSNSで明かし、全仏オープンを途中棄権。トップアスリートが闘う心の健康がにわかに注目を浴びた。大山さんも現役時代、メンタルヘルス問題に悩まされた一人。精神安定剤を服用しながらプレーした経験から、アスリートのメンタルヘルスについて考えを明かした。(文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

 ◇ ◇ ◇

 SNSに記した大坂のたった一つの投稿が、スポーツ界に大きな影響を与えることになった。

「カミングアウトはとても覚悟と勇気がいること。私が現役時代だったら、絶対に言えなかった。一方で、自分の弱さをさらけ出さないといけないくらい、追い込まれ、心が疲弊している状況。大坂選手と顔見知りではなくとも、すごく心配になりました」

 大山さんは「彼女が背負うものは、私とは比にならないくらい大きい」と断った上で、元スポーツ選手として語った。並外れた身体能力で困難に立ち向かい、勝利のために戦い続けるアスリート。しかし、体の強さと心の強さは決して「=」で結ばれない。

「アスリートだから(すべてが)強いんでしょって、言われることは現実としてあります」と大山さんも頷く。

 今回、アスリートのメンタルヘルス問題を扱いたいと申し出たのは、大山さんの方から。理由について「私自身も現役中に苦しんでいました。コロナ禍で一般の方も心の問題が増えていると聞く。私の発信では影響力は少ないけど、誰か一人でも助けになれば」とし、経験を打ち明けた。

「私はある時期から引退まで、精神安定剤を飲みながらプレーしていました」

 小・中・高すべて日本一を達成し、破壊力のあるスパイクを武器に2002年に17歳で全日本デビューした大山さん。2003年のワールドカップ(W杯)以降は「プリンセスメグ」と呼ばれた栗原恵とともに「パワフルカナ」の愛称で国民的存在となり、バレーボール人気を支えた。

「あれ……なんか、私、おかしい」。そう感じたのは、2004年アテネ五輪に出場した20歳の時だった。

 ある時期から不眠に襲われた。練習で疲れているのに、ベッドに入っても寝付けない。気づけば、午前3時、4時。睡眠導入剤に頼った。追い打ちをかけるように表れたのは動悸、めまいの症状。顕著だったのが「急に人前に出た時」だ。

「汗の量が尋常じゃなく、びしょびしょになるくらい出るんです。電車に乗っていても『あの人、大山さんじゃない?』と言われているのに気付いた時、汗が一気に出てきて、目の前が真っ暗になり、その場でしゃがみ込んでしまったことが何回もありました」

 研ぎ澄まされた肉体の調整が求められるアスリートにとって致命的なメンタル面の症状。それが、日常生活にまで及んでいた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集