[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロンドン五輪出場の佐藤冴香、満身創痍も…“最後の個人戦”に闘志 「バド人生の集大成」

最後の個人戦にかける闘志が燃えていた。第75回全日本総合バドミントン選手権大会は26日に各種目の1回戦を行い、女子シングルスの佐藤冴香(ヨネックス)は2-0(21-14、22-20)で中静朱里(NTT東日本)を下して2回戦へ駒を進めた。30歳でベテランの域に達した佐藤は、今後も団体戦には出場する可能性があるが、個人戦の挑戦は今大会で終える意向だ。

1回戦で中静朱里を2-0で下した佐藤冴香【写真:平野貴也】
1回戦で中静朱里を2-0で下した佐藤冴香【写真:平野貴也】

全日本総合バドミントン選手権を最後に個人戦引退を表明、1回戦で中静朱里に勝利

 最後の個人戦にかける闘志が燃えていた。第75回全日本総合バドミントン選手権大会は26日に各種目の1回戦を行い、女子シングルスの佐藤冴香(ヨネックス)は2-0(21-14、22-20)で中静朱里(NTT東日本)を下して2回戦へ駒を進めた。30歳でベテランの域に達した佐藤は、今後も団体戦には出場する可能性があるが、個人戦の挑戦は今大会で終える意向だ。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

「個人戦は、最後です。全日本を最後と思っています」と言い切った。

 昨年も引退を考えたが、コロナ禍で無観客試合ばかりになったことが気になっていた。

「昨年はお客さんが入らない状態でやって、(ベスト4に入って)引退も考えたんですけど、やっぱり、お世話になった方々に生で見てもらって引退したい思いが強かったので、この1年、もう一回頑張るという気持ちで。(6月の)日本ランキングサーキットも無観客。優勝できたんですけど、見せられていないので」

 待ちに待った有観客の大舞台だ。競技人生で最後の個人戦と位置付けて、自身で観戦チケットを用意。かつて専任コーチを務めてくれた金善淑(キム・ソンスク)さんやジュニア時代のコーチらお世話になった方々を招待した。佐藤は「今まで応援してくださった方もみんな応援に来てくれたので、ここで負けたくないと思って、勝ちたい気持ちが先に出て緊張してしまった。勝ったところを見せられて良かった。ちょうど目の前のコートでできたので、良かったです」と苦しい接戦を切り抜けた喜びと安堵感をにじませた。

 佐藤は、1991年生まれの30歳。パワフルな強打が持ち味のサウスポーだ。宮城県出身、常盤木学園高校3年の時には世界ジュニア選手権で準優勝。2009年に日本体育大学へ進学するとともに、日本代表として国際大会でも活躍した。大学4年の12年はロンドン五輪に出場したが、決勝トーナメント1回戦で左ひざ前十字じん帯断裂により途中棄権。恵まれた体躯と実力を持ちながら、負傷に泣かされ続けた選手でもある。

 13年のヨネックス入社後も国内外で活躍を続け、16年に全日本総合で初優勝を飾った。しかし、東京五輪出場を目指していた19年2月に左アキレス腱断裂。それでも粘り強く復活し、昨冬の前回大会では日本代表選手を破っての4強入りで衰えぬ力と意地を誇示した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集