[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥は「才能と能力でカネロに並ぶ」 米リング誌記者がPFP世界最強男と同等評価

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級(53.5キロ以下)タイトルマッチ12回戦が14日、東京・両国国技館で行われ、統一王者・井上尚弥(大橋)が挑戦者のWBA10位&IBF5位アラン・ディパエン(タイ)に8回2分34秒TKO勝ちした。WBA6度目(正規王者時代も含む)、IBF4度目の防衛に成功した。権威ある米専門誌「ザ・リング」の記者はパウンド・フォー・パウンド(PFP)最強カネロと同等の評価を下している。

2年1か月ぶりの国内凱旋試合で8回TKO勝ちした井上尚弥【写真:荒川祐史】
2年1か月ぶりの国内凱旋試合で8回TKO勝ちした井上尚弥【写真:荒川祐史】

ソンガリア記者「カネロは対戦相手のクオリティで言えば世界一だ」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級(53.5キロ以下)タイトルマッチ12回戦が14日、東京・両国国技館で行われ、統一王者・井上尚弥(大橋)が挑戦者のWBA10位&IBF5位アラン・ディパエン(タイ)に8回2分34秒TKO勝ちした。WBA6度目(正規王者時代も含む)、IBF4度目の防衛に成功した。権威ある米専門誌「ザ・リング」の記者はパウンド・フォー・パウンド(PFP)最強カネロと同等の評価を下している。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 同誌のライアン・ソンガリア記者は自身のツイッターで井上戦に反応した。「カネロ・アルバレスは対戦相手のクオリティで言えば世界一だ」とした上で「でもナオヤ・イノウエが1b。才能と能力では彼に並ぶ」と評価。全17階級のボクサーを比較した同誌のランキング、PFPでも1位に輝いている4階級制覇王者のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)と大差ない「1b」という評価とした。

 試合前のリング誌の評価では、2位のオレクサンドル・ウシク(ウクライナ)、3位のテレンス・クロフォード(米国)という世界的スター選手に続き、井上はPFP4位にランクイン。その強さゆえ、これまでのキャリアでなかなか対戦相手に恵まれないものの、その「才能」と「能力」では現役世界最強ボクサーにも劣らないポテンシャルを保持しているとの評価を受けていた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集