[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥の悶絶ボディーを間近で体感 リングサイド映像に米戦慄「このアングルやばい」【名珍場面2021】

2021年も12月を迎え、もう2週間。今年もスポーツ界では数々の名場面が誕生。見る者に感動を与えるスーパープレーから思わず笑ってしまう珍事まで、記憶に残った出来事を「スポーツ名珍場面2021」と題し、振り返る。今回はボクシングの井上尚弥(大橋)だ。6月に米ラスベガスで行われたマイケル・ダスマリナス(フィリピン)戦に3回2分45秒TKO勝ち。米興行大手「トップランク」は井上がボディーで沈めたKOシーンをリングサイドからとらえた映像を公開し、その迫力が話題となった。

WBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥【写真:浜田洋平】
WBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥【写真:浜田洋平】

「スポーツ界の名珍場面総集編」6月、ダスマリナス戦で演じた衝撃KO

 2021年も12月を迎え、もう2週間。今年もスポーツ界では数々の名場面が誕生。見る者に感動を与えるスーパープレーから思わず笑ってしまう珍事まで、記憶に残った出来事を「スポーツ名珍場面2021」と題し、振り返る。今回はボクシングの井上尚弥(大橋)だ。6月に米ラスベガスで行われたマイケル・ダスマリナス(フィリピン)戦に3回2分45秒TKO勝ち。米興行大手「トップランク」は井上がボディーで沈めたKOシーンをリングサイドからとらえた映像を公開し、その迫力が話題となった。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 見ているこちらまで悶絶しそうだ。2回に1度ダウンを奪っていた井上は、3回ゴングと同時に前に出た。仕留めにかかったモンスター。残り40秒頃に再び左ボディーを炸裂させた。ダスマリナスはその場で転げまわって悶絶した。苦悶の表情だ。なんとか立ち上がったが、再開直後にも「ドスッ!」と重く低い音が響く左ボディーを突き刺しレフェリーストップ。圧倒的な破壊力を見せつけた。

 今回の興行を行ったトップランク社は公式ツイッターでリングサイドから映した臨場感あふれるKOシーンを動画付きで公開。「リングサイドのこの映像からナオヤ・イノウエのフィニッシュ 警告:スクリーン越しにその威力を感じるだろう」との文面で投稿すると米ファンに戦慄が広がった。

 コメント欄には「パワフルだ。そして痛そう」「見てるこっちが痛くなる」「このアングルはやばい。絶対音ありで見てくれ」「音だけで痛く感じる」「キャノン砲だ」「エゲツない」「最後のパンチの音は……ジーザス」「肝臓が泣いている」などの声が上がっていた。

 この試合で、WBAは5度目(正規王座を含む)、IBFは3度目の防衛に成功した井上は今月14日のアラン・ディパエン(タイ)戦に8回TKO勝ちを演じ、防衛回数を伸ばした。来年、期待されるのは4団体統一。その破壊力のあるパンチで1試合でも多くKOシーンを見たい。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集