[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子、わざわざ戻ってきた先輩選手との2ショットに「優しい姉妹愛素敵です」【名珍場面2021】

2021年も12月を迎えた。今年もスポーツ界では数々の名場面が誕生。見る者に感動を与えるスーパープレーから思わず笑ってしまう珍事まで、記憶に残った出来事を「スポーツ名珍場面2021」と題し、振り返る。今回は10月に女子ゴルフの樋口久子・三菱電機レディスで優勝した渋野日向子(サントリー)。渋野の優勝を祝福するためにわざわざ会場に戻ってきた先輩・青木瀬令奈(フリー)との2ショット写真が反響を呼んだ。

渋野日向子【写真:田邉安啓】
渋野日向子【写真:田邉安啓】

「スポーツ界の名珍場面総集編」10月、青木瀬令奈から贈られた粋な祝福

 2021年も12月を迎えた。今年もスポーツ界では数々の名場面が誕生。見る者に感動を与えるスーパープレーから思わず笑ってしまう珍事まで、記憶に残った出来事を「スポーツ名珍場面2021」と題し、振り返る。今回は10月に女子ゴルフの樋口久子・三菱電機レディスで優勝した渋野日向子(サントリー)。渋野の優勝を祝福するためにわざわざ会場に戻ってきた先輩・青木瀬令奈(フリー)との2ショット写真が反響を呼んだ。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 先輩後輩の絆が見て取れた。青木がインスタグラムで投稿したのは8枚の画像。自身のプレーシーンとともに最後に掲載したのは、優勝ジャケットに袖を通した渋野との2ショットだ。ペ・ソンウ(韓国)とのプレーオフ1ホール目で鮮やかなイーグルを決めて優勝した渋野は、満面の笑みでピースサイン。その隣で、ウェアから着替えた青木は右手でガッツポーズ。喜ばしい瞬間が1枚に収められている。

 青木は13位だった自身のプレーを振り返った上で「そしてしぶこ!! 劇的優勝おめでとう」と切り出したのは舞台裏のエピソード。「実は一旦帰路について速報見て並んだの確認してコース戻ったよ」。18番で劇的に追いつき、プレーオフに突入したのを見て、帰ってきたようだ。「この前は完全に帰っちゃってたから今日は立ち会えてよかった キャディのささぴーもおめでとう」と自分のことのように優勝を喜んでいる様子だった。

 投稿には、渋野本人からも「せれなさん本当に本当にありがとうございました」と感謝のメッセージ。ほかにも「戻られた優しい姉妹愛素敵です」「シブコとの2ショットとても素敵です」「ねーさん優しい」「青木さんのそういう人柄最高に好きです」「優しいですね。しぶこちゃんのために、引き返すなんて」「戻って正解 良い写真ですね」など感激したファンから続々とコメントが上がり、反響を呼んでいた。

 渋野は今季1年11か月ぶりVも含め、2勝をマーク。シーズン終了後に来季の米ツアー最終予選会に挑み、20位で出場権を獲得した。青木も4年ぶりとなるツアー2勝目を挙げ、印象深いシーズンとなった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集