[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ゴルフ最終予選会、注目の18歳佐藤心結が圏内キープの23位「前半は苦しかった」

女子ゴルフの最終予選会(QT)は2日、静岡・葛城GC(6412ヤード、パー72)で第3ラウンドが行われた。上位40人前後が来季レギュラーツアー前半戦の出場権を得られる4日間の熱戦。注目の18歳新人・佐藤心結(みゆ・明秀学園日立高3年)は3バーディー、2ボギーの71で回り、通算イーブンパーの23位とし、出場権獲得圏内をキープした。黄アルム、下川めぐみが7アンダーの首位。

通算イーブンパーの23位で第3ラウンドを終えた佐藤心結【写真:Getty Images】
通算イーブンパーの23位で第3ラウンドを終えた佐藤心結【写真:Getty Images】

女子ゴルフ最終予選会、第3ラウンド

 女子ゴルフの最終予選会(QT)は2日、静岡・葛城GC(6412ヤード、パー72)で第3ラウンドが行われた。上位40人前後が来季レギュラーツアー前半戦の出場権を得られる4日間の熱戦。注目の18歳新人・佐藤心結(みゆ・明秀学園日立高3年)は3バーディー、2ボギーの71で回り、通算イーブンパーの23位とし、出場権獲得圏内をキープした。黄アルム、下川めぐみが7アンダーの首位。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 ラウンド後の会見に登場した佐藤は、「バーディーでスタートできたらと思っていた」と気合を入れて臨んだことを明かした。しかし、1番パー5の第3打でミスがあり、3パットのボギー。8番でも1つ落とし、前半は2オーバーだった。「前半はファーストパットでカップをオーバーすることが一度もなくて、ほとんどショートして全く入る気配がなかった。なかなかバーディーも来ない。前半は結構苦しかった」と苦戦した。

 来季の命運がかかった大事なラウンド。残りわずかの戦いの中、「後半は気持ちを切り替えた」と巻き返した。10メートルの上りのパットを打って距離感を調整。後半出だしの10番でバーディーを奪い、「そこからいい流れでずっと来ていた」とリズムを取り戻した。15、17番でもバーディー。後半はボギーなしでまとめた。

「後半はほとんどパットでカップをオーバーできていたので、それがこのスコアに繋がった。気持ちを切り替えられたのがよかった。一番よかったのは10番でバーディーを獲れたこと」

 10月のスタンレーレディスでは、渋野日向子(サントリー)らとのプレーオフに敗れた。身長161センチながら、ずば抜けたドライバーの飛距離とスピンの効いた高弾道のアイアンショットが武器。「明日は今日よりも風が吹かず、初日と同じように絶好の天気でできるゴルフ日和。トータルイーブンに戻せたので明日はアンダーで回って、トータルアンダーで上がれるようにしっかり前半から頑張りたい」と出場権獲得を見据えた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集